検索
(C)テレビ東京
1 / 4

飯豊まりえ:「食べることが大好き」で食事シーンも話題に 気合が入る“ボッチ飯”、スタイル維持の秘訣は?

Twitterでシェア

 「むむむ! ルックスが良くて味も良いって何? 完璧すぎてなんかムカつく~!」。心の中で“ひねくれ”ながら、熱々の釜揚げしらすピッツァを実においしそうに頬張る。連続ドラマ「ひねくれ女のボッチ飯」(テレビ東京系、木曜深夜1時)でそんな主人公を好演している女優の飯豊まりえさん。「食べることが大好き」で、「お弁当を2個くらい食べて、(共演者から)『お前食べすぎだぞ』って言われたこともあります」と明かす。女性ファッション誌「Oggi」(小学館)の専属モデルも務める飯豊さんに、ドラマ撮影の裏側やスタイル維持の秘訣(ひけつ)、食にまつわるエピソードを聞いた。

 ◇おいしそうに食べる姿が話題に

 人付き合いが苦手で友達もいない“ひねくれ女”川本つぐみ(飯豊さん)が、ある日、インスタグラムで「ホワイトホース」と名乗るアカウントを発見。食事の写真と自分と似た理不尽な境遇をつづる投稿に魅力を感じたつぐみは、「白馬の王子様」と呼んで慕うようになり、やがて、投稿主のホワイトホース(白石一馬/柄本時生さん)と同じものを一人で食べる“ボッチ飯”が日々の楽しみになっていき……という内容。

 「私自身、食が好きなのでうれしかったですね!」とオファー時を振り返った飯豊さん。撮影で食べたご飯はどれもおいしかったといい、「絶対プライベートでも行こうと思います!」と力を込める。そんな飯豊さんの食事シーンは、SNSで「うまそうに食うなぁ」といった声が上がるなど話題になった。

 また、「ふてくされた役、上手だと思う!」「ハマリ役」という意見もあり、飯豊さんは「つぐみのような役はやったことがなかったので新境地な感じがして。自虐をしているところとか、言葉のチョイス、妄想癖があるところが台本を読んでいて面白かった。ちゅうちょなく妄想をふくらませて、誰も傷つけないのもいいなと思いました」と話す。

 「今回のこのドラマは私的には宝くじに当たったみたいな、そういう出会いでしたね」と話し、「視聴者の皆さんに『一人飯っていいな』と思ってもらえたらいいなと思います。シーズン2、3と続いてほしいな」と願望も明かす。

 ◇「運動して、食べることが最高」 時間ができたらジムへ

 今回の撮影では、スタッフから「あまり食べないでください」「食べるのは本番のみで」と気遣われていたが、リハーサルでも、本番でも食べていたという飯豊さん。「本番が終わっても食べますし、なんならお昼ごはんも、夜ごはんも、お弁当も食べました(笑い)。ほんとに楽しくごはんを食べさせていただきました」と笑顔を見せる。元々食べないとやせてしまう体質というが、少しでも時間ができたらジムに行き、トレーニングにも取り組んでいる。

 「チョコレートも大好きですし、和菓子も洋菓子も大好きで、食べられるものはなんでも好き!(笑い)」という飯豊さんだが、“仕事のパフォーマンスが下がってしまうこと”はストレスになってしまうため、あまり暴飲暴食はせず、温野菜など、消化にいいものをなるべく食べるようにしているという。「ジムに行って、一回すっきりしてから、次の仕事をやりたいんです。むくまないものを食べて、体を軽くしてから仕事にいきたい」とこだわりを明かし、「運動して、食べることが最高。ストレス発散になります」と語る。

 ◇好きなタイプは「おいしそうに食べる人」 自宅でみそ造りも

 “ボッチ飯”をよくするという飯豊さんが、気合を入れたいときに食べるのは、定食屋の魚定食だ。「きちんとしたお魚と、ごはんと、小鉢にのっている野菜などを食べると、頑張ろうという気持ちになる」と話す。

 自宅では、ドレッシングやみそを手作りするなど、自炊も楽しんでいる。「発酵を仕事にしているお友達に家に来てもらって、大豆をふかしてもらい、みんなでこねて、半年寝かすんです。それで『私のみそはこれだよ』って交換し合う(笑い)。お休みの日はそういう遊びをしています」と明かす。

 調味料をお取り寄せすることも好きで、「クラシック音楽をかけて育てたみそ」が最近のお気に入りだ。「優しい味で(笑い)。その人が『大事に育てました』というのが魅力的」と話す。ちなみに、好きな男性のタイプは「ごはんをおいしそうに食べる人」。「私が食が好きなので、ごはんを楽しめる方がうれしいですね、B級グルメや、自炊も楽しめる人がいいですよね」と理想を明かしていた。

モデル・女優 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る