検索
木村拓哉さんが登場する週刊誌「AERA」9月20日号の表紙
1 / 1

木村拓哉さんが登場する週刊誌「AERA」9月20日号の表紙

木村拓哉:長澤まさみとの間に「大人の空気感」 昨年からの歌手活動の裏側も語る

 木村拓哉さんが9月13日発売の週刊誌「AERA(アエラ)」(朝日新聞出版)9月20日号の表紙を飾った。撮影は写真家の蜷川実花さんが手がけており、表紙で木村さんは「幼なじみ的な感覚がある」と話す蜷川さんのカメラに力強いまなざしを向けている。

 木村さんはインタビューにも登場し、主演映画「マスカレード・ナイト」(鈴木雅之監督)の裏話などを披露。2019年公開の映画「マスカレード・ホテル」(同)の続編となる今作の撮影は、前作で築いた信頼関係の中で行われたと振り返っており、引き続きバディーを演じる長澤まさみさんとの間に生まれた「大人の空気感」や、鈴木監督との演技を巡るやり取り、初体験だったというアルゼンチンタンゴのレッスンなど、撮影エピソードを語る。

 また、昨年からはソロシンガーとしても活躍する木村さんはその裏側も告白。音楽と向き合うにあたっては、SNSなどを通じてファンが待っていてくれるということを自覚できたこと、そして明石家さんまさんに「まさしくオールドルーキーやんけ」と背中を押されたことが大きかったと話し、ソロアルバムのタイトルにも使った「Flow」という言葉に込めた思いも語っている。

写真を見る全 1 枚
Twitterでシェア

本・シネマ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る