検索
10月15日放送の「ミュージックステーション」4時間スペシャルに出演するV6
1 / 7

今週のイケメン:V6「Mステ」ラスト出演へ 菅田将暉「だんだん体が丸く」 松坂桃李、古田新太との共演で「疲弊」 前編

Twitterでシェア

 1週間のイケメン有名人の話題を紹介する「今週のイケメン」。今回(9月21~27日)は、人気グループ「V6」が音楽番組に出演する話題、俳優の菅田将暉さんが主演映画の完成披露試写会に出席した話題、俳優の松坂桃李さんが映画の舞台あいさつに登場した話題などが注目された。前後編で取り上げる。

 11月1日をもって解散する「V6」が、10月15日午後6時から放送されるテレビ朝日系の音楽番組「ミュージックステーション(Mステ)」の4時間スペシャルに出演することが9月24日、明らかになった。同番組への出演は今回が最後となる。

 V6は1995年にデビュー。同番組には133回登場した。今回の4時間スペシャルでは、グループと番組の26年の歴史を貴重な映像で振り返る。同番組の公式サイトでは、最後の出演でV6に歌ってほしい曲のリクエストを受け付けている。

 菅田さんは9月22日、東京都内で行われた主演映画「CUBE 一度入ったら、最後」(清水康彦監督、10月22日公開)の完成披露試写会に、共演した斎藤工さん、杏さんらと登場した。

 謎の立方体「CUBE」に閉じ込められた6人の男女の物語で、撮影では、はしごを乗り降りするシーンが多かったという。斎藤さんは「CUBE」のセットについて「ジムですね、あれ」と独特の感想を吐露。「みんな、どんどんはしごの上り下りが速くなって……」と杏さんが明かすと、菅田さんは「気づいたら、筋肉がついてだんだん体が丸くなっていきました」と撮影を振り返っていた。

 完成披露試写会には、岡田将生さん、田代輝さん、吉田鋼太郎さん、清水監督も出席した。

 映画は、1997年に公開されたヴィンチェンゾ・ナタリ監督による密室サスペンス映画「CUBE」のリメーク作。何の接点もつながりもない男女6人が、謎の立方体に閉じ込められる。脱出を試みる彼らを、熱感知式レーザー、ワイヤスライサーや火炎噴射など、殺人的なトラップが次々と襲う……というストーリー。

 松坂さんは23日、東京都内で行われた、古田新太さん主演の映画「空白」(吉田恵輔監督)の初日舞台あいさつに登場した。松坂さんと古田さんは初共演で、松坂さんは、古田さん演じる主人公の娘が交通事故で死亡するきっかけを作ったスーパーの店長を演じた。劇中で古田さんから罵倒されるシーンも多いといい、「毎シーン毎シーン、古田さんとのシーンはカロリーの消費量が高いんですよね」と苦笑い。「だから毎回僕は疲弊し切って、(現場から)そのままホテルに帰っていました」と振り返っていた。

 舞台あいさつには古田さん、田畑智子さん、藤原季節さん、伊東蒼さん、寺島しのぶさん、吉田監督も出席した。
 
 映画は、スーパーで万引き現場を見られ逃走した女子中学生が、乗用車とトラックにひかれ死亡してしまう。女子中学生の父親は「娘が万引きをするわけがない」と信じ、疑念をエスカレートさせ、事故に関わった人々を追い詰める。一方、事故のきっかけを作ったスーパーの店長、車ではねた女性ドライバーは、過熱するワイドショー報道によって、混乱と自己否定に追い込まれていく……というストーリー。

イケメン 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る