検索
トークバラエティー番組「A-Studio+」に出演する小栗旬さん=TBS提供
1 / 4

トークバラエティー番組「A-Studio+」に出演する小栗旬さん=TBS提供

小栗旬:「ジャニーズ、いけるんじゃないかと」応募した過去を告白 舞台監督の父が語るエピソードも 「A-Studio+」きょう放送

 俳優の小栗旬さんが、10月8日に放送されるトークバラエティー番組「A-Studio+(エー・スタジオ プラス)」(TBS系、金曜午後11時)にゲスト出演する。番組では小栗さんの父への取材で、小栗さんがジャニーズ事務所に履歴書を送っていた過去が明らかになる。予告動画には小栗さんが「ジャニーズいけんじゃないかと思って、写真撮って送ったの」と話し、「うんともすんともなかったね」と顛末を語る様子が映し出される。

 「A-Studio+」は、笑福亭鶴瓶さんと人気グループ「Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)」の藤ヶ谷太輔さんがMCを務める番組。MCがゲストの家族や友人、知人などに取材を行い、取材で得た情報を基にゲストの素顔に迫る。

 小栗さんが同番組にメインゲストとして出演するのは6年半ぶり3回目。児童劇団に所属し、子役として活動をスタートし、1995年にNHK大河ドラマ「八代将軍 吉宗」に出演。その後、テレビドラマ「ごくせん」「花より男子」などの作品で人気が急上昇。2010年には構想から5年かけて完成した「シュアリー・サムデイ」で映画監督デビューも果たした。

 プライベートでも小栗さんと親交がある鶴瓶さんと藤ヶ谷さんは、舞台監督をしている小栗さんの父・小栗哲家さんに取材を敢行。4歳の時、父が舞台監督を務めた作品に出演した際の、俳優としての才能の片りんをうかがわせるエピソードや、2017年に34歳で再び父が演出した舞台に出演した際の葛藤など、親子“共演”時のエピソードが語られる。

 また、兄と姉は留学を経験し英語が話せるが、小栗さんだけが話せないことをコンプレックスに感じていたこと、高校時代に経験したアメリカでの悔しい思い出、ハリウッドに挑戦したきっかけなども語られる。小栗さんに英語での演技のレッスンをしていた先生にも取材。全編英語の2人舞台での思い出や小栗さんが感じた、英語と日本語での演じ方の違いなどが語られる。

 鶴瓶さんは小栗さんが可愛がっている後輩俳優・笠原秀幸さんにも取材。米大リーグ、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平選手の大ファンだった笠原さんと、小栗さんが試合を見に行った際のエピソードをきっかけに、大谷選手との意外な繋がりが語られる。一方で、笠原さんからは小栗さんの結婚式準備をめぐってクレームも。さらに父からもあるクレームが届き、その内容に小栗さんがショックを隠しきれない場面も映し出される。

写真を見る全 4 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る