検索
10月15日にスタートする連続ドラマ「最愛」の1話の場面写真=TBS提供
1 / 18

10月15日にスタートする連続ドラマ「最愛」の1話の場面写真=TBS提供

吉高由里子:殺人事件の重要参考人に 初恋の刑事・松下洸平、弁護士・井浦新とサスペンスラブストーリー 主演連ドラ「最愛」きょうスタート

 女優の吉高由里子さんが主演するTBSの連続ドラマ「最愛」(同局系、金曜午後10時)の放送が10月15日、スタートする。吉高さん演じる、殺人事件の重要参考人となった実業家・真田梨央(さなだ・りお)と、梨央の初恋の相手であり事件の真相を追う刑事、あらゆる手段で梨央を守ろうとする弁護士の3人を中心にしたサスペンスラブストーリー。立場の違う2人の男が、梨央をめぐり対峙(たいじ)していく。初回は15分拡大。

 2006年、梨央が青春時代を過ごしていた、のどかな田舎町で失踪事件が起きた。15年後、実業家となった梨央の前に事件の関係者が現れ、現在の殺人事件へとつながっていく。

 第1話では15年前の様子が描かれる。東京の大学に進学を希望する高校3年の梨央は、白山大学陸上部のエース宮崎大輝(松下洸平さん)に恋心を抱いていた。大輝もまた梨央に思いを寄せている。ある日、陸上部の寮で事件が起こり、梨央の母(薬師丸ひろ子さん)は娘を心配し、弁護士の加瀬賢一郎(井浦新さん)を娘の元へと向かわせる……と展開する。

写真を見る全 18 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る