検索
2022年1月8日から放送されるNHKの連続ドラマ「わげもん~長崎通訳異聞~」に出演する「King & Prince」の永瀬廉さん=NHK提供
1 / 1

2022年1月8日から放送されるNHKの連続ドラマ「わげもん~長崎通訳異聞~」に出演する「King & Prince」の永瀬廉さん=NHK提供

King & Prince永瀬廉:「雪駄の寒さも忘れるくらい熱を持って」と意気込み 時代劇でNHK初主演 

 人気グループ「King & Prince」の永瀬廉さんが、2022年1月8日に放送をスタートするNHKの連続ドラマ「わげもん~長崎通訳異聞~」で主演を務めることが10月28日、明らかになった。永瀬さんはNHKのドラマ初主演。幕末、激動の国際都市・長崎を舞台に、たぐいまれな語学センスと好奇心を持つ青年、伊嶋壮多(いじま・そうた)を演じる永瀬さんは「変化の時代を必死に生き抜いていく大胆で行動力のある壮多を、雪駄(せった)の寒さも忘れるくらい熱を持って演じていきたいと思います」と意気込んでいる。

 永瀬さんは、放送中の連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」での好演も話題で、「『おかえりモネ』に続き、こんなに早くNHKドラマに出演させていただけること、今回は主演であること、そして本格時代劇に初挑戦させてもらえること、とても光栄に思っております」と喜んでいる。

 ドラマは、通訳者を意味する和解者(わげもの)が新たな時代に立ち向かう姿を描く。嘉永2年(1849年)、ペリーの黒船来航まで4年。父の失踪の謎を追って江戸から長崎にやってきた壮多は、名通詞・森山栄之助(もりやま・えいのすけ)の英語塾で学ぶことになる。壮多の周囲で起こる長崎ならではの密輸事件、父の秘密を知る老通詞の死。壮多は仲間たちと共に真実に挑むが、思いがけないたくらみに巻き込まれていく。

 永瀬さんは壮多について「通訳者になるため奮闘する壮多は長崎でたくさんの人に出会い、そこで起こるさまざまな困難に立ち向かっていくことで、言葉だけでなく人の心までも和解(わげ)していく青年です」と説明している。

 NHK総合で土曜午後9時に放送。BS4Kでも放送予定。全4回。

写真を見る全 1枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事