検索
1 / 5

秋元梢:今年のクリスマスは「当たり前のことを楽しみたい」

 モデルの秋元梢さんが11月8日、東京・銀座の商業施設「GINZA SIX」に展示された「Xmas エントランスアート」の点灯式およびトークイベントに出席した。今年のクリスマスは「派手なことがなくても食事に行くとか、当たり前のことを楽しみたい」と予定を明かし、「(コロナ禍)で当たり前のことが当たり前にできず、気づけたことがたくさんあった」と振り返った。

 今年の「GINZA SIX」のクリスマスイルミネーションは、アーティストの清川あさみさんが制作を担当した。清川さんの故郷・淡路島の豊かな自然にインスピレーションを受けたデジタルアートで、光を放つ糸が自然やそこで暮らす動物たちを描き出していく……という映像になっている。

 これまで清川さんと仕事をともにし、プライベートでも親交のある秋元さんは「清川さんの作品は写真に実際に、針を通して刺しゅうする。平面にない美しさがある」と魅力を語り、今回のクリスマスアートは「糸の素材や凹凸に温かみがある。銀座を通った人、みんなが足を止めるんじゃないか」と絶賛した。

 清川さんは「今年も世界中でいろんなことがあった。コロナ禍で、何をクリスマスモニュメントとして作ればいいか、結構悩んだ」といい、「ここから何かが始まったらいいなという思いを込めて作った。生命の息吹を感じてもらって希望を感じてもらえたら」と作品に込めた思いを語った。

 清川さんが制作した「GINZA SIX」のクリスマスイルミネーションは1階エントランスの縦長のスクリーンに映し出される。12月25日まで。

写真を見る全 5枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事