検索
取材に応じた観月ありささん スタイリスト/東知代子 ヘアメーク/持丸あかね
1 / 3

取材に応じた観月ありささん スタイリスト/東知代子 ヘアメーク/持丸あかね

観月ありさ:「直感タイプ」で一目ぼれした過去も 禁断の“奪い愛”は「妄想を膨らませて」と自信

 怒濤(どとう)のような展開と俳優陣の怪演で「ドロキュン劇場」と話題になった、放送作家の鈴木おさむさんによる「奪い愛」シリーズの最新作「奪い愛、高校教師」が12月27日から4夜連続でABEMAとテレビ朝日で配信・放送される(12月20日より第1話の無料独占先行配信と放送終了後の全話見逃しをABEMA独占配信)。高校生の娘が通う学校の男性教師に恋い焦がれ、愛を“奪い合う”母親を演じる観月ありささんに、撮影の舞台裏や、変わらぬ美しさの秘訣(ひけつ)、デビュー40周年を迎えた心境などについて聞いた。(全3回)

 ◇どんどん“狂気の世界”へ

 「ラブコメ要素のあるドラマの撮影は久しぶり。甘酸っぱい恋を思い出しながら、新鮮な気持ちで取り組んでいます」と話す観月さん。演じるのは、看護師として働きながら高校生の娘を一人で育てる星野露子。「ドロキュン」とはドロドロだけどキュンとするという意味で、男性教師をめぐり、露子と男性教師の婚約者である女性教師、そして娘まで巻き込んだ、壮絶な“奪い愛”が描かれる。

 露子は一見すると穏やかだが、猪突(ちょとつ)猛進型で恋に落ちると周りが見えなくなり、ストーカーになってしまう。「奪い愛」シリーズは、俳優の怪演が話題になってきたこともあり、観月さんがどんな演技をするのか注目されている。

 「前半の露子が真面目であればあるほど、後半の“崩れていく”感じとのギャップが出て面白いんじゃないかなと思って演じています。今は『私、ラブコメやってるんだっけ?』と錯覚しそうになるくらい、すごくピュアな感じでお芝居をしているんです。きっとこれからどんどん狂気の世界に陥っていくことになるんでしょうね(笑い)」

 露子が恋に落ちるのは俳優の大谷亮平さんが演じる、娘の学校の音楽教師・冬野三太。露子とは音楽カフェでフルートを奏でているときに出会う。観月さんは「シリアス路線で演じるか、コメディーに振り切るべきか悩んだときは『私は今回こっちの路線で行こうかな』『じゃあ僕も、もう少しそっちの方向でやりますね』ってお互い探り合いながらお芝居をしています」と舞台裏を明かした。

 三太の同僚で婚約者の華子を演じるのは“怪演”に定評のある松本まりかさん。観月さんと、松本さんとの“対決”シーンも大きな見どころの一つになりそうだ。

 ◇看護師役は鈴木おさむの遊び心

 「鈴木おさむさんとは一度お仕事をしてみたかった」という観月さん。観月さんが看護師役といえば、「ナースのお仕事」シリーズが知られているが「そこはやっぱり鈴木おさむさんのこだわりなんでしょうね。登場するやいなや『ナースのお仕事』でも馴染みのあるせりふが出てくるので。これを言わせたいがための看護師設定だった!って納得しました」と笑顔を見せる。

 露子はバイオリンをたしなむ女性で、フルートを奏でる三太とセッションをして距離を縮める。練習時間は約3日という短期間ながら、劇中で弾く曲は初心者にとっては難易度が高い選曲ばかりで、演じる上でかなり苦労したという。

 「よりによって『情熱大陸』のテーマソングとか、ベートーベンとか、難しい曲ばかりを監督が選ぶんです。にわか仕込みの人間にそんな曲を弾かせるなんて、本当に鬼のようですよね(笑い)」

 ◇ひと目ぼれや奪い愛の経験も

 「私は直感型のタイプで、手をつないだ瞬間にビビッときて夫と結婚した」とトークバラエティー番組で明かしたこともある。だからこそ、三太に心奪われる露子に共感するところもあるという。

 「一目惚れすることが多かったんですよ。学校の廊下で出会った男子に心を奪われて、そのまま片思いしたりすることもありました。小学生くらいの頃は別の子と同じ人を好きになっちゃって、『どっちが身を引く?』みたいな状況で『私、もう諦めるね』『いいの?』と、なぜか女の子同士の友情が芽生える……みたいなこともありましたね。

 ドラマでは三太に出会って雷に打たれたかのように感電するシーンや、思いっきりタメを作ったあとに、『抱いて~!』と言って自分で自分を抱きしめるシーンもあります。いろいろ妄想を膨らませてやっているので、相当面白い仕上がりになっていると思いますよ」と自信たっぷりにほほ笑んだ。

(取材・文/渡邊玲子)

 *……「奪い愛」シリーズは、倉科カナさんが主演した連続ドラマ「奪い愛、冬」(2017年、テレビ朝日系)、水野美紀さん主演でABEMAで配信された「奪い愛、夏」(2019年)に続く最新作。

 最新作「奪い愛、高校教師」は、看護師として働きながら高校生の娘・星野灯(岡田奈々さん)を一人で育てる主婦・星野露子が主人公。バイオリンをたしなむ露子は、音楽カフェでフルートを奏でる冬野三太と知り合い、恋に落ちる。三太には婚約者の華子がいることを知るが、露子の片思いはどんどんエスカレートし、三太を尾行するように。そんなある日、露子は三太が娘の学校の音楽教師だったことを知って……というストーリー。

写真を見る全 3枚
Twitterでシェア

彼女がキレイな理由 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事