検索
サスペンス劇「空鉄砲」に出演する玉置玲央さん
1 / 6

サスペンス劇「空鉄砲」に出演する玉置玲央さん

スポットライト~舞台で輝く男たち:玉置玲央さん 「おかえりモネ」で存在感 私生活も充実期 新作舞台では男娼役に

 「ステージ」に情熱を注ぐ俳優に舞台の魅力を聞く新連載。第2回は玉置玲央さんに聞きました。(編集・取材・文/NAOMI YUMIYAMA)

 ◇男性3人だけのサスペンス劇に出演

 舞台を中心に活躍し、ここ数年はNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」(2021年)をはじめ、ドラマや映画でも強い存在感を放つ玉置さん。年明けは劇団「柿喰う客」で、男性3人だけのサスペンス劇「空鉄砲」に出演する。妖艶な男たちのポスタービジュアルはかなり官能的で、刺激的な気配が漂っている。

 「今回、僕は、ある作家の寵愛(ちょうあい)を受ける高級男娼の役です。他の二人は作家の息子と、やとわれ役者。3人の男が、自分こそ作家に愛されていると主張するところから始まる、嫉妬の物語です」

 玉置さんが所属する「柿喰う客」は、中屋敷法仁(なかやしき・のりひと)さんが演出を手がけ、言葉と身体を駆使した熱気あふれる舞台で知られる。今回は密室という閉ざされた空間で、永島敬三さん、田中穂先さんとともに濃密なステージを繰り広げる予定だ。

 「何もない素舞台で、3人の役者が何を表現するのか。演劇は“生”の芸術なので、お客さまには絶対何かを感じ取ってもらえるかなと。とくに今回はミステリーという物語性も強い。自分にも、劇団にも、新たなチャレンジになる作品だと思います」

 ◇同窓会のようだった「おかえりモネ」

 東京出身で、今年36歳になった玉置さん。高校で演劇の魅力に目覚め、俳優・演出家として20年以上のキャリアを重ねた。そんな彼にとって舞台の魅力は、「そこにお客さまがいることですね。舞台と客席で、目に見えないコール・アンド・レスポンスをするのが最大のおもしろさです」と目を輝かせる。

 ここ数年は、映像の世界でも活躍中だ。なかでも反響があった作品をたずねると、「『おかえりモネ』と『恋する母たち』(2020年)は、よく言われます」と、ほほ笑んだ。

 「『恋する母たち』の不倫弁護士の役はクズでしたが、できる気がしました。いただく役がクズか人を殺すかのどっちかが多いので、得意なんです(笑い)。『モネ』の沢渡は、普段の自分に近づけて作ろうと思いました。現場では努めて演じないようにして、ふらふらとたまに現れるうるさいやつという感じで……(笑い)。僕はご縁が好きで大事にしているのですが、『モネ』はそれまで縁のあった方々の『同窓会』的な感じで。すごく居心地が良くて、こうやって人は居場所を作っていくんだと思いました」

 今後も、映像と舞台、両方やり続けたいと意欲的だ。

 「僕は舞台では大きな芝居、映像では鋭い芝居を努めてしているのですが、たまに逆にしてみると、新鮮な発見も多くて。これからも二つの現場で、芝居をもっと知ることができたら楽しいなって思います」

 私生活では今月、結婚を公表。公私ともに充実期をむかえた。そんな玉置さんの2022年の抱負とは。

 「やっぱり健康が第一かなと。最近、出会った人たちと豊かな場所にたどりつけたので、なんでも挑戦したいと思えるようになりました。ただそれには、心も体も健康であることが大切ですよね。新作の舞台では、お客さまと生命力のやり取りをしたいなと思っています。最近落ち込んでドヨンとしているという方、心を動かしてもいいなという方は、決して損はさせませんので観にきてください!」

 <玉置さんに一問一答>

 ――私生活で役に影響される方? されない方?

 影響を受けないようにしています。役が重なったとき、しんどくなる気がするんです。

 ――楽屋に置いているお気に入りグッズは。

 最初のファンの方に作っていただいたお守り。漆塗りの作家さんだったので、鏡前に置くお守りをお願いしました。桐箱に入れて、必ず楽屋に置いています。

 ――最近、体のためにしている事は。

 きちんと食事をとること。今までは1日1食、夜だけだったのですが、最近は2食になりました。

 ――舞台中、絶対食べるものは。

 肉です!

 ――今後、舞台で演じてみたい役は。

 人間以外の存在。この前、中屋敷に動物の役がやってみたいと言いました。人の言葉を操れずに感情をどこまで表現できるか試したいんです。

 ◇プロフィル

 たまおき・れお 1985年3月22日生まれ。東京都出身。劇団「柿喰う客」のほか、さまざまな舞台で活躍。2019年、映画「教誨師」で第73回毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞を受賞。NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」など、多数のドラマにも出演。

 *……柿喰う客新作本公演2022「空鉄砲」▽作・演出:中屋敷法仁▽出演:玉置玲央、永島敬三、田中穂先▽2022年1月14~23日に下北沢ザ・スズナリ(東京都世田谷区)で上演。ライブ配信あり▽公式サイト:http://kaki-kuu-kyaku.com/next/karadeppou

写真を見る全 6枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

Pick Up

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事