検索
浜辺美波さんが主演の連続ドラマ「ドクターホワイト」の一場面=フジテレビ提供
1 / 4

浜辺美波さんが主演の連続ドラマ「ドクターホワイト」の一場面=フジテレビ提供

冬ドラマ:浜辺美波が驚異的な知識で誤診を正す 初挑戦の医療ドラマ 「ドクターホワイト」あすスタート

 女優の浜辺美波さんが主演を務める連続ドラマ「ドクターホワイト」(カンテレ・フジテレビ系、月曜午後10時)が1月17日スタートする。浜辺さんは、驚異的な医学知識以外の記憶を失った謎の人物・雪村白夜(ゆきむら・びゃくや)役で、医療ドラマに初挑戦。天才的な診断能力で現役医師の誤診を正し、患者の命を救っていく。

 医療ジャーナリストの狩岡将貴(柄本佑さん)は、ランニング中に公園で倒れている女性(浜辺さん)を見つける。女性は素肌に白衣1枚を身に着けているだけ。将貴は幼なじみの内科医・高森麻里亜(瀧本美織さん)のいる病院へ運び込むと、目を覚ました女性は自らを「白夜」と名乗るが、医学知識以外の記憶を一切失っていた。

 白夜はその医学知識や診断能力が認められ、診断に特化した協議チーム(CDT)の補助スタッフにスカウトされる。CDTのメンバーは、“ネチネチ系”の精神科医(片桐仁さん)、硬派で熱血な脳神経外科医(高橋努さん)、明るい若手研修医(高橋文哉さん)、プレーボーイの皮膚科医(勝地涼さん)など、個性的でクセ強めな“はみ出し者”たち。

 白夜は徐々に社会性や喜怒哀楽を覚えていく。次第に明らかになる彼女の秘められた過去とは……。

 浜辺さんは「クスッと笑えるシーンがいくつもちりばめられていて、月曜の夜に見たくなるドラマだなと思いました。医療の分野に対しても、ミステリーということに対しても、すごく本格的に描かれているんですけど、それだけじゃなくて、個性豊かな魅力あふれるお医者さんだったり、出演者の皆さまの個性とかクセの強さがなんだか相性が良くて、既に作品としては出来上がっているんじゃないかなという感覚があります」とコメントしている。

写真を見る全 4枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事