検索
劇場版アニメ「それいけ!アンパンマン ドロリンとバケ~るカーニバル」の公開アフレコイベントに登場した北川景子さん
1 / 7

劇場版アニメ「それいけ!アンパンマン ドロリンとバケ~るカーニバル」の公開アフレコイベントに登場した北川景子さん

北川景子:子供が生まれて「アンパンマン」に「毎日お世話に」 劇場版最新作の声優オファーにびっくり

 女優の北川景子さんが5月17日、東京都内で行われた劇場版アニメ「それいけ!アンパンマン ドロリンとバケ~るカーニバル」(矢野博之監督、6月24日公開)の公開アフレコイベントに登場した。今作で変身が苦手なオバケの男の子・ドロリンの声を演じる北川さんは、出演の話を聞いて「すごくびっくりしました」としつつ、「子供が生まれてから、アンパンマンを見る機会が増えている。毎日お世話になっていたので、びっくりしたけどうれしかったです」と喜びを語った。

 困ったときに助けに来てくれる「アンパンマンのような存在」はいるかと聞かれると、北川さんは「アンパンマンみたいな……? いないです!」と回答。「自分で頑張ります」と笑顔で答えた。

 声優の仕事は久しぶりだったという北川さんは、ドロリン役で難しかったことを聞かれると、「一人でぽつんとマイクの前にいて、いいのか悪いのか(スタッフの)リアクションが聞こえなくて。『全然だめなのかな』と思いながらやっていて、気持ちがソワソワした」と苦笑い。また、「男の子の声だったので、そもそもどうやって出していこうか……ということがすごく難しかった。『早く終わらせてしまいたい』と思っているのか、早口になりがちだったみたいで、絵にちゃんと(声を)はめるのが難しかったなと思います」と振り返った。

 イベントにはお笑いトリオ「ジャングルポケット」も出席し、北川さんと「ジャングルポケット」の公開アフレコも行われた。

 映画は、人気アニメ「それいけ!アンパンマン」(日本テレビ系)の33作目となる劇場版最新作。オバケたちの街・オバケタウンの変身が苦手なオバケの男の子・ドロリンとアンパンマンたちが大冒険を繰り広げる。「ジャングルポケット」はオバケタウンの町長と側近の声を演じる。

写真を見る全 7枚
Twitterでシェア

本・シネマ 最新記事

Pick Up

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事