検索
ディズニー/ピクサーの劇場版アニメ「バズ・ライトイヤー」の初日舞台あいさつに登場した今田美桜さん
1 / 12

ディズニー/ピクサーの劇場版アニメ「バズ・ライトイヤー」の初日舞台あいさつに登場した今田美桜さん

今田美桜:福岡時代のポスターきっかけで上京「運命だったな」

 女優の今田美桜さんが7月1日、東京都内で行われたディズニー/ピクサーの劇場版アニメ「バズ・ライトイヤー」(アンガス・マクレーン監督)の初日舞台あいさつに俳優の鈴木亮平さんらと出席した。物語の内容にちなみ、仲間と出会って人生が変わった瞬間はと聞かれると、「いまの事務所にスカウトしてもらったのが大きな変化です」と明かした。

 スカウトのきっかけとなったのは、地元・福岡で当時所属していた事務所での仕事という。「ポスターの仕事をしたんですが、それをきっかけに見つけてもらって、いまに至ります。あの仕事をしていなかったら、いまがなかったかもしれない。運命だったなと思います」としみじみ。スカウトで得た「仲間との出会いは人生が180度変わったきっかけでしたね」と振り返った。

 「バズ・ライトイヤー」は、劇場版アニメ「トイ・ストーリー」シリーズに登場する少年アンディのお気に入りのおもちゃ、バズ・ライトイヤーの原点を描いた作品。アンディが人生を変えるほど夢中になった映画という設定で、有能なスペース・レンジャーとして活躍するバズの姿を描く。バズの日本語吹き替えは鈴木亮平さんが担当し、今田さんは、バズの人生を変えることになる大切な仲間・イジーの声を演じた。

 今田さんは、注目ポイントをトークする場面で「映画は、本当にアトラクションに乗っているみたい。宇宙でのシーンも、本当に宇宙船に乗っているなと思いました。疑似体験です。そのくらい迫力がすごい」と力説。鈴木さんも「わかります」と大きくうなずいていた。

 舞台あいさつにはそのほか、バズの相棒で猫型ロボットのソックス役のお笑いコンビ「かまいたち」の山内健司さん、バズを信じ続けた親友・アリーシャ役のりょうさんも参加。この日、4人は公開を祝して鏡開きを行った。木づちをたたくと紫と緑色の“バズ・ライトイヤーカラー”の銀テープが空中を舞い、会場を盛り上げた。

写真を見る全 12枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事