検索
戸田恵梨香さんと永野芽郁さんが出演する映画「母性」のビジュアル(左)と同映画の主題歌を担当するJUJUさん
1 / 1

戸田恵梨香さんと永野芽郁さんが出演する映画「母性」のビジュアル(左)と同映画の主題歌を担当するJUJUさん

JUJU:戸田恵梨香と永野芽郁が母娘を演じる映画「母性」の主題歌担当 原作は湊かなえ

 女優の戸田恵梨香さんと永野芽郁さんが母娘を演じる映画「母性」(廣木隆一監督、11月23日公開)の主題歌が、歌手のJUJUさんの新曲「花」に決定したことが8月17日、分かった。

 映画は、作家・湊かなえさんが「これが書けたら、作家を辞めてもいい。そう思いながら書いた小説」とまで語った同名小説が原作。母と娘、それぞれの視点で語られるある未解決事件と、そこから明らかになる衝撃の事実を描いた。

 JUJUさんは作品について「人の数だけものの見方があるだろうし、考えることも感じ方も違うだろうということは何となくわかっていたはずなのに、この映画を見ながらずっと私の中にあった感情は『どきりとする』でした」とコメント。「見終わってからもずっと続いている『どきり』と共に、これから先ずっと大切に『花』を歌っていきたいと思います。素晴らしい映画に携わることができ、本当に光栄です!!」と話している。

 戸田さんが、母性を持てず娘を愛せない母親・ルミ子を、永野さんが、母性を求め母に愛されたい娘・清佳を演じる。またルミ子の実母“お上品なママ”役で大地真央さん、ルミ子の夫の母“口が悪すぎる義母”役で高畑淳子さん、ルミ子の夫“無関心父”役で三浦誠己さんが出演する。

 戸田さんはJUJUさんが歌う主題歌について「清佳の応援ソングのようでルミ子の母の歌のようにも聴こえ慈愛と美しさを感じます。また、JUJUさんの強さと包み込むような歌声からこの曲を聴き終わってようやく『母性』という作品が完成するのだと実感しました」、永野さんは「『母性』という作品の登場人物それぞれの気持ちを代弁し、背中を一押ししてくれる強さを感じました。本編を見終わった後に『花』という主題歌で全ての人の心が救われるはずです。劇場の、良い音響でJUJUさんの歌声に涙してください!(笑い)」とそれぞれにコメントしている。

 また戸田さんは、演じるルミ子について「ルミ子は母への思いが強く、母の世界の中で生きている女性です。脚本のト書きに『母と似た格好をしたルミ子』と書かれていたので、クランクインする前に母役の大地さんの声やしゃべり方、たたずまいを目に焼きつけることが唯一ルミ子に近づける方法でした」と話し、「試行錯誤を続けましたが本当に難しい役でした。芝居には正解がないと言われていますが、いまだに探している自分がいます。もうクランクアップしたのに(笑い)」と役作りの苦労をにじませた。

写真を見る全 1枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事