検索
映画「ラーゲリより愛を込めて」の初日舞台あいさつに出席した二宮和也さん(左)と北川景子さん
1 / 17

映画「ラーゲリより愛を込めて」の初日舞台あいさつに出席した二宮和也さん(左)と北川景子さん

二宮和也:「ちょっと似てる感じした」と自画自賛 北川景子と夫婦演じた「ラーゲリより愛を込めて」初日

 二宮和也さんが12月9日、東京都内で行われた、主演映画「ラーゲリより愛を込めて」(瀬々敬久監督)の初日舞台あいさつに、女優の北川景子さんら共演者と登場した。シベリアの強制収容所(ラーゲリ)に不当に抑留され捕虜となった山本幡男の物語を、実話を基に描いた作品。幡男を演じた二宮さんは自身の劇中の振る舞いや演技が、幡男と「ちょっと似てる感じがしていた」と自画自賛した。

 この日は、同作で幡男の息子・顕一の壮年期を演じた俳優の寺尾聰さんが音声でメッセージを寄せた。顕一さんからの手紙をサプライズで代読し、顕一さんは二宮さんについて「父・幡男にそっくりで驚きました。何気ない仕草や表情が、私の記憶している父をほうふつさせる」と称賛。それを聞いた二宮さんは「息子さんもそう思っていただけていたのは、うれしい」と喜んだ。

 松坂桃李さん、人気グループ「Sexy Zone」の中島健人さん、桐谷健太さん、安田顕さん、瀬々監督も出席。抑留者と生活を共にした犬・クロを演じた犬の大吉も登場した。

 北川さんは、過酷な環境下で撮影に臨んだ男性キャストについて「本当に命をかけて撮影に臨んでいらっしゃった。本当にみんなどんどん痩せていった。みんなの頑張りや努力が早く皆さんに届くといいなと思っていました」とねぎらった。

 映画は、辺見じゅんさんのノンフィクション小説「収容所(ラーゲリ)から来た遺書」(文春文庫)が原作。第二次世界大戦終了後、60万人を超える日本人が不当に抑留された強制収容所が舞台。絶望に打ちひしがれる中、生きることへの希望を捨てず、ダモイ(帰国)を信じて仲間たちを励まし続けた幡男の生きざまを描く。北川さんは幡男の帰国を信じ続けた妻・モジミを演じた。

写真を見る全 17枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

Pick Up

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事