検索
内田也哉子さん=2019年撮影
1 / 1

内田也哉子さん=2019年撮影

内田也哉子:「母らしい幕の閉じ方だった」 樹木希林さんの最期を「徹子の部屋」で語る

 エッセイストの内田也哉子さんが、4月17日放送の黒柳徹子さんの長寿トーク番組「徹子の部屋」(テレビ朝日系、月~金曜午後1時)に出演。2018年9月に亡くなった母で女優の樹木希林さんの最期を語り、「眠るようにお別れができた。母らしい幕の閉じ方だなと思いました」としみじみ振り返った。

いま、推されてます

 樹木さんは亡くなる3日前、病床で「そろそろ家に帰ろうかと思う」と言い出した。樹木さんが「日常の中で死んでいきたい」と語っていたことから、内田さんは「それだけはかなえてあげたい」と大急ぎで自宅に戻る準備をした。

 レンタルベッドや呼吸器、看護師の手配をし、翌々日には帰宅。内田さんは「母が手招きして、『ありがとう』って3回続けて言って。私もびっくりしちゃって『そんなこと言ったら、終わっちゃうみたいだからやめてよ』って言って、握手だけして」と振り返った。

 その数時間後、容体が急変。樹木さんの夫でミュージシャンの内田裕也さん(2019年3月に他界)に電話し、裕也さんの声が聞こえた瞬間、それまで意識が遠のいていた樹木さんも、孫のUTAさんの手を強く握り返した。

 樹木さんは生前、「人間にはいろんな死に方があるけれど、私はがんをいただいて本当にありがたかった」と語っていたという。がんの進行が遅く、裕也さんの葬儀のためのお金を残したり、お墓をリノベーションしたりするなど、さまざまな準備をした。内田さんは「すごく楽しく死に向かっていた」と回想した。

いま、推されてます

写真を見る全 1枚

エンタメ 最新記事

アクセス上位記事