検索
取材に応じた森尾由美さん
1 / 13

取材に応じた森尾由美さん

森尾由美:14年ぶりショートヘアにイメチェン 今年57歳、初孫誕生も「自分が着たいものを着る」

 俳優でタレントの森尾由美さんが5日5日、歌手デビュー40周年を迎えた。心機一転、長年のロングヘアをばっさりカットし、ショートヘアにイメチェンした森尾さんに話を聞いた。

 森尾さんといえばウエーブのかかったロングヘアにガーリーなテイストで人気のアパレルブランド「ピンクハウス」の洋服がトレードマーク。髪をばっさりカットしたのは2009年の連続ドラマ「愛の劇場 最終シリーズ 大好き!五つ子」(TBS)以来だという。

 「40周年に合わせて、気持ちをリフレッシュするために髪を切りました。タオルドライだけで乾くからラクチンです。首回りが肌寒いこともありますけど(笑い)。胸元がはっきり出るので、襟が開いたデザインの洋服も、襟の高い洋服も、意外と選ばずに着られますね。髪が短くてもピンクハウスの洋服が着られるんだなって実感しました」

 今年57歳、昨年は初孫が誕生した。10代の頃に憧れて着始めた「ピンクハウス」への愛は今も止まらない。年齢を重ねるとともに着る服に迷う人もいる中、着続けられるのはすてきなことだと水を向けると……。

 「実は私も、『ピンクハウス』が年齢的にどうなのかなと思って、悩んだ時期もありました。当時は客観的に見たときの受け方、人目ばかりを気にしていたんです。いまは自分が着たいものを着た方がテンションが上がるからいいって思って着ています。

 年齢を重ねてだんだん自分のテンションが上がることが、減っていたんです。“推し”みたいな人もいないし、テンションを上げる方法があんまりなくて。でも、ピンクハウスは好きで、自分のテンションもモチベーションも上がる。それは精神安定上、いいことだなって思ったんです。たとえ、“いい年して着てるわ”って思われても、“私はいいわ。好きなんだもん!”という気持ちが勝ちました」

 ピンクハウス愛が高じて、歌手デビュー40周年を機に初めてのコラボが決定。オフィシャルグッズの一つとして、森尾さんが歴代の同ブランドの中から選んだ柄を使ったマイボトルとエコバッグを発売する。

 「今回、グッズを作ることになってピンクハウスさんにぜひお願いしたいと思いました。受けていただけるか分からなかったのでドキドキしながらオファーさせていただいたんです。そしたら快く受けてくださった。好きなブランドと一緒にコラボさせてもらえることにびっくりでしたね。

 グッズは男性でも女性でも使えるようにと思いましたが、基本は自分が欲しいもの。ピンクハウスらしくて、可愛くて、大人が使えるアイテムになったと思います」

 40周年グッズのもう一つの目玉がアクリルスタンド。1988年に発売された写真集に掲載された水着写真を使って作った。「アクリルスタンドを知ったときに、これを作れば、いじってもらえる!と思ったんです。自虐っぽいアイテムですね(笑い)」

<プロフィル>

 もりお・ゆみ 1966年6月8日生まれ。埼玉県草加市出身。1982年放送のドラマ「ねらわれた学園」(フジテレビ)で芸能界デビュー。1983年に「お・ね・が・い」で歌手デビューし、1986年までの4年間で10枚のシングルをリリースした。今年、レギュラー出演しているトーク番組「はやく起きた朝は」が放送30年を迎え、7月にイベントを開催予定。

 *……歌手デビュー40周年を記念したグッズは5月5日12時半から公式通販サイト「MAILIVIS」で受注販売の受け付けをスタートする。

写真を見る全 13枚
Twitterでシェア

キレイニュース 最新記事

Pick Up

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事