検索
トーク番組「徹子の部屋」に出演する牧村三枝子さん=テレビ朝日提供
1 / 3

トーク番組「徹子の部屋」に出演する牧村三枝子さん=テレビ朝日提供

牧村三枝子:乳がん全摘出を初告白 「誰にも話さないつもりだった」 静岡への移住も明かす 「徹子の部屋」出演

 演歌歌手の牧村三枝子さんが、5月10日に放送される黒柳徹子さんの長寿トーク番組「徹子の部屋」(テレビ朝日系、月~金曜午後1時)に出演する。牧村さんは乳がんで両胸を全摘出したこと、静岡に移住したことを初告白する。

 昨年デビュー50周年を迎えた牧村さんは、番組で波瀾(はらん)万丈だったという人生を振り返る。

 北海道の炭鉱町出身で、両親に家を建てたいという夢をかなえようと、中学卒業後15歳で上京。歌手になろうと受けたオーディションは、その日の天候が“嵐”だったために合格したと話す。

 デビュー曲以来、ヒット曲に恵まれなかったが、名曲「みちづれ」を歌うことになった経緯を話す。また順調に歌手生活を送り、両親に家を建てる夢もかなえたが、肝硬変で一時は死を覚悟したときもあったと語る。

 昨年、終の棲家(ついのすみか)を求め東京から静岡に移住。10年前には乳がんで両胸を全摘出した。乳がんについては誰にも話さないつもりだったが、「徹子の部屋」で話をしようと思ったのは、ある夢をかなえるためだったと明かす。

写真を見る全 3枚

エンタメ 最新記事

アクセス上位記事