検索

窪塚愛流:父・窪塚洋介からのメッセージに驚き 褒め言葉に「すごくうれしい」

 俳優の窪塚愛流さんが5月23日、東京都内で行われた映画「ハピネス」(篠原哲雄監督、公開中)の公開記念舞台あいさつに出席した。イベントではサプライズで愛流さんの父・窪塚洋介さんからのメッセージが読み上げられる場面があった。

 洋介さんは、劇中の一場面を挙げつつ「ピュアで不器用で荒削りな雪夫という役が、とてもよく似合っていたと思う。ずっと苦しんでいた役は、最後に空を見上げながら『ハピネス』を感じるためだったと、現場で追体験してくれていたら幸いです」とコメント。また、洋介さんは愛流さんに向けて「監督、スタッフの方々はもちろん、蒔田彩珠さんをはじめ、吉田羊さん、山崎まさよしさん、橋本愛さん、お客さん……みなさんのお力添えがあっての公開。たくさん感謝して、糧にしてください」とメッセージを送った。

 愛流さんは驚いた表情を浮かべつつ、洋介さんからのメッセージを噛み締め「まさかのまさかでしたよね」と驚き。愛流さんは「(洋介さんから)この作品を見たよ、ということを聞いて、ちょっとした会話しかしなかったんです」と打ち明け、「芝居のアドバイスをもらって、もっと頑張らなきゃいけないなって(思った)。ここまで褒め言葉をもらっていなかったので、すごくうれしいです」と笑みを浮かべた。

 イベントには愛流さんのほか、蒔田さん、橋本さん、山崎さん、吉田さん、篠原監督も出席した。

 映画は嶽本野ばらさんによる同名小説の映画化。残り少ない日々を命の限り輝かせようとする少女と、そんな彼女の夢を全力で支えようと奔走する少年とが繰り広げる純度100%のラブストーリー。医者から余命1週間を告げられた高校生の由茉を蒔田さんが、突然の告白に戸惑いながらも、彼女との幸せな日々を一緒に作り上げることに協力する雪夫を愛流さんが演じる。

エンタメ 最新記事

アクセス上位記事