検索
連続ドラマ「海のはじまり」第2話の一場面(C)フジテレビ
1 / 8

連続ドラマ「海のはじまり」第2話の一場面(C)フジテレビ

Snow Man目黒蓮:娘の存在を恋人に告白 主演連ドラ「海のはじまり」第2話が放送

 人気グループ「Snow Man」の目黒蓮さん主演のフジテレビ系“月9”枠の連続ドラマ「海のはじまり」(フジテレビ系、月曜午後9時)の第2話が7月8日に放送される。

いま、推されてます

 ドラマは、脚本が生方美久さん、演出が風間太樹さん、プロデュースが村瀬健さんと、2022年10月期の「silent」チームが再集結し、“親子の愛”をテーマに描く完全オリジナル作品。

 前話は、東京の印刷会社に勤務する月岡夏(目黒さん)は、大学時代に交際していたかつての恋人・南雲水季(古川琴音さん)の葬儀に参列。水季の母、朱音(大竹しのぶさん)から、水季の娘の海(泉谷星奈ちゃん)が、自分と血のつながった娘だと知らされる。

 突然別れを切り出し、夏の前から忽然(こつぜん)と姿を消した水季が、女手一つで海を出産し育ててきたことを、夏はこのとき初めて知った。海も夏が父親であることを水季から聞かされていたようで、ある日突然、夏のアパートに一人で訪ねてくる。海は「夏くんは海のパパでしょ? 夏くんのパパは、いつ始まるの?」と真っすぐな目で問いかけた。

 ◇第2話のあらすじ

 海の問いかけにうまく答えることができない夏。とにかく海を家に帰さなければいけないと思った夏は、朱音に連絡をし、迎えに来てもらうことにする。

 部屋の中を縦横無尽に飛び回る海を前に夏が戸惑っていると、恋人の百瀬弥生(有村架純さん)から電話がかかってくる。しばらくしてアパートにやって来た弥生は、海を見て少し驚くが、お迎えが来るまでの間、遊び相手をしてあげることに。

 朱音が海を連れて帰った後、弥生は夏に海との関係を尋ねる。それに対し夏は、海が自分の娘であること、その事実を水季の葬儀で初めて知ったことを正直に告げた。その話を聞き、動揺を隠せない弥生に、海のことをちゃんと考えようと思うと答える夏だったが……。

 同話から、ジュニアの人気グループ「少年忍者」の川崎皇輝さんが本格的に登場する。川崎さんは、水季も働いていた、海沿いの街にある図書館で働く若手司書の前田俊己(まえだ・としき)を演じる。川崎さんが同局の連ドラに出演するのは初めてで、今作で“月9”デビューを果たす。

いま、推されてます

写真を見る全 8枚

エンタメ 最新記事

アクセス上位記事