検索
映画「関ヶ原」の初日舞台あいさつに登場した東出昌大さん
1 / 15

映画「関ヶ原」の初日舞台あいさつに登場した東出昌大さん

岡田准一:なりたいのは東出昌大 「大っきいんで、よく見えそう…」

 人気グループ「V6」の岡田准一さんが26日、東京都内で行われた主演映画「関ヶ原」(原田眞人監督)の初日舞台あいさつに、共演の役所広司さん、東出昌大さんらと共に登場した。岡田さんは「もし、自分がタイムスリップをして関ケ原の戦いに参加するなら、誰として参加したいか」という質問に「僕、東出くん。東出くんとして参加したいです。大っきいんで、(周りが)よく見えそう。高台に乗ってるぐらいの感じですよね」と回答。東出さんは「(見え方は)そんな大差ないですよ」と苦笑いしていた。

 さらに、西軍を率いた石田三成役の岡田さんは「家康様はいいですね。(演じている)役所さんになりたいです」と語って、笑いを誘っていた。舞台あいさつには、共演の有村架純さん、平岳大さん、伊藤歩さん、音尾琢真さん、和田正人さん、中越典子さんと、原田眞人監督も参加した。

 「関ヶ原」は、作家・司馬遼太郎さんの歴史小説が原作。戦国史上最大の決戦となった「関ケ原の戦い」を舞台に、豊臣家への忠義から立ち上がった石田三成(岡田さん)と、天下取りの野望に燃える徳川家康(役所さん)らの姿を描く。圧倒的に有利といわれていた三成が、家康に敗れた理由には、“封印”された真実が隠されていた……という内容で、命を懸けて三成を守る忍び・初芽(有村さん)とのひそやかな恋も描かれる。

写真を見る全 15 枚
Twitterでシェア

本・シネマ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る