検索
映画「曇天に笑う」の完成披露舞台あいさつイベントに登場した福士蒼汰さん
1 / 12

映画「曇天に笑う」の完成披露舞台あいさつイベントに登場した福士蒼汰さん

福士蒼汰:桐山漣と“両思い” キャスト陣の“告白タイム”に監督「いちゃついてる」

 俳優の福士蒼汰さんが29日、東京都内で開かれた主演映画「曇天に笑う」(本広克行監督、3月21日公開)の完成披露舞台あいさつイベントに、共演者、本広監督と出席。イケメンぞろいの俳優陣に司会から「自分が女性だったら誰にほれる?」と質問された福士さんは「白子(しらす、桐山漣さん)ですね。優しい人が好き」と話すと、桐山さんも「僕も天火(てんか、福士さん)ですね。ポジティブなことを言ってくれる人には引き寄せられる」と“両思い”。他のキャスト陣も次々との相手の名を挙げる“告白タイム”になり、本広監督は「いちゃついているよなー」と突っ込んでいた。

 この日は、中山優馬さん、古川雄輝さん、大東駿介さん、小関裕太さん、市川知宏さん、若山耀人さんも出席。中山さんは「鷹峯(大東さん)。見るからに強い人にほれます」と告げ、大東さんは「こんなにうれしいと思わなかった。ドキドキする」と返していた。その大東さんは「宙太郎(ちゅうたろう、若山さん)。僕からアプローチしてみようかな」、若山さんは「蒼世(そうせい、古川さん)ですね。とにかくクールでかっこいい」、古川さんは「僕は天火(福士さん)。笑顔がすてき」と“告白”。

 小関さんは「空丸(そらまる、中山さん)。ハングリー精神が好き」、そして市川さんは「僕は岩倉さん(東山紀之さん)かな。偉い人が好き。権力者がいい。東山さんの色気もすごい」と予想外のコメントをして、観客を笑わせていた。

 「曇天に笑う」は、唐々煙(からからけむり)さんのマンガが原作で、明治維新後の大津を舞台に、曇天火(くもう・てんか)ら曇家の3兄弟と明治政府を転覆させようとする忍者集団・風魔一族の戦いを描いたアクション。曇家の長男・天火を福士さん、次男・空丸を中山さん、三男・宙太郎を若山さんが演じている。

写真を見る全 12枚
Twitterでシェア

イケメン 最新記事

Pick Up

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事