検索
映画「羊の木」の初日舞台あいさつに登場した錦戸亮さん
1 / 13

映画「羊の木」の初日舞台あいさつに登場した錦戸亮さん

錦戸亮:“職人技”で「TOKIO超え」目指す? 就いてみたい職業は…

 人気グループ「関ジャニ∞」の錦戸亮さんが3日、東京都内で行われた主演映画「羊の木」(吉田大八監督)の初日舞台あいさつに出席。元受刑者が仮釈放されて、新たな町で生活を始めるという映画のストーリーにちなみ、誰も知らない町で新生活を始めたらどういった職業に就きたいか聞かれた錦戸さんは「左官屋さん。職人技をYouTubeで見るのが好きなので。この間も溶接させてもらった。TOKIO兄さん超えられるぐらい」と願望を明かした。

 この日のイベントには、木村文乃さん、北村一輝さん、優香さん、市川実日子さん、水澤紳吾さん、田中泯さん、松田龍平さん、吉田監督も登壇。同じ質問に北村さんは「映画みたいに船に乗ってもいいし、家具作ってもいいですし」と話すと、優香さんも「職人さんに憧れがあります。(田中)泯さんに(手作りの)うどんをいただいて、それがすごくおいしかったので、うどんとかの職人さんに憧れます」とニッコリ。市川さんも「その土地の土を使って、急須を作りたい」と明かし、錦戸さんは「職人気質な人が多いじゃないですか、こういう世界」と納得している様子だった。

 映画は、山上たつひこさん原作、いがらしみきおさん作画の同名マンガが原作で、錦戸さん演じる月末一(つきすえ・はじめ)が市職員として働く寂れた港町・魚深(うおぶか)市に、6人の元殺人犯が移住してくる……という内容。6人の移住は、受刑者を仮釈放させ、過疎化が進む町で受け入れる国家の極秘プロジェクトで、ある日、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文(あや、木村文乃さん)を巻き込み、小さな町の日常の歯車が狂い始め……というストーリー。

 錦戸さんは「朝一で(映画を)見たら、朝からすき焼きを食べているような感覚で、きっと消化しにくいかもしれないですけど、ふとした瞬間に反すうして消化して、また見たら『こんな味していたんだ』って気づけることもあると思います。見た人の分だけ答えがある映画になっていると思うので、友達や家族など多くの人と共有してもらえたら楽しんじゃないかと思います」とアピールしていた。

写真を見る全 13 枚
Twitterでシェア

イケメン 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る