検索
「第41回日本アカデミー賞」で最優秀助演女優賞を受賞した広瀬すずさん
1 / 1

「第41回日本アカデミー賞」で最優秀助演女優賞を受賞した広瀬すずさん

日本アカデミー賞:広瀬すずが最優秀助演女優賞 是枝監督に「少しでも恩返し」

 「第41回日本アカデミー賞」の授賞式が2日、東京都内で開かれ、映画「三度目の殺人」(是枝裕和監督)に出演した広瀬すずさんが最優秀助演女優賞を受賞した。広瀬さんは「本当にありがとうございます。ちょっと何をしゃべればいいのか分からないんですけど…こみ上がってくるのはうれしい、です……」と緊張した様子であいさつした。

 また、広瀬さんは「監督にはいつも見たことのない景色を見せてもらっていただくので、少しでも恩返しできるように、自分の参加させていただいた作品で、力になれるような役者さんになります」と力強く宣言していた。

 映画は、是枝監督のオリジナル脚本で描く法廷心理サスペンス。勝利にこだわる弁護士・重盛(福山雅治さん)が、やむを得ず弁護することになったのは、30年前にも殺人の前科がある男・三隅(役所広司さん)。既に犯行を自供していたが、三隅の動機が希薄であることから、重盛は「事件の真実を知りたい」と思うようになる……という内容。広瀬さんは被害者の娘を演じた。

 同賞は日本の映画芸術、技術、科学の向上発展のために設けられ、選考は日本アカデミー賞協会員の投票で行われる。

 優秀助演女優賞は次の通り(敬称略)。
 
 ▽尾野真千子「ナミヤ雑貨店の奇蹟」▽北川景子「探偵はBARにいる3」▽夏川結衣「家族はつらいよ2」▽広瀬すず「三度目の殺人」▽薬師丸ひろ子「8年越しの花嫁 奇跡の実話」

写真を見る全 1 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る