検索
「吉沢亮 写真展 2019」を訪れ報道陣の取材に応じた吉沢亮さん
1 / 12

「吉沢亮 写真展 2019」を訪れ報道陣の取材に応じた吉沢亮さん

今週のイケメン:吉沢亮がかっこいい理由を明かす 横浜流星、主演映画の新映像公開 後編

 1週間のイケメン有名人の話題を紹介する「今週のイケメン」。今回(6月18~24日)は、吉沢亮さんの写真展がスタートした話題、横浜流星さんが主演する映画の新映像が公開された話題などが注目された。前後編で取り上げる。

 女性ファッション誌「ViVi(ヴィヴィ)」(講談社)の企画「国宝級イケメンランキング」で殿堂入りしている吉沢さんが6月21日、同日HMV&BOOKS SHIBUYA(東京都渋谷区)でスタートした自身の写真展「吉沢亮 写真展 2019」を訪れ、報道陣の取材に応じた。どうしてそんなにかっこいいのかという直球の質問に吉沢さんは「遺伝ですかね。遺伝なのかな」と回答。さらに“国宝級イケメン”と呼ばれていることについては「ですよねっていう。まあそうなりますよね」と自信たっぷりに笑みを浮かべ、報道陣を笑わせた。

 吉沢さんは4人兄弟で、そのうちイケメンなのは「割と僕だけ。男4人で俺だけ、かっこいいのは。あまり他の人はそんなに……」と告白。しかし兄弟からうらやましがられることは「あんまりない」といい、イケメンで得したことも「ないですかね」と淡々と語った。

 この日は吉沢さんの俳優デビュー10周年の記念日で「あっという間だった。もう10年たつのかって。逆に焦る」といい、「今まで現場で年下なことが多かったけど、年下の俳優さんですごい役者さんいっぱいいる。10年分の成長をちゃんとできているのか、大人にならないとという焦りがある」と素直な心境も明かした。写真展は、HMV&BOOKS SHIBUYAで7月15日まで。入場料は500円。愛知、北海道、大阪、福岡、宮城も巡る。

 横浜さんが主演する映画「いなくなれ、群青」(柳明菜監督、9月6日公開)の新映像が6月23日、公開された。映像は飯豊まりえさん演じる真辺由宇を中心とした「真辺」編で、「この島の人たちは、捨てられた人たち」という横浜さん演じる七草のせりふから始まり、真辺から「私たちは誰に捨てられたの?」と疑問を投げかけられた七草が「知らないよ」と会話するシーンや2人が雨に打たれ、切ない表情を見せる場面が収められている。

 実写映画化やアニメ化もされたライトノベル「サクラダリセット」の作者・河野裕さんの同名青春ミステリー小説(新潮文庫nex)が原作で、第8回「大学読書人大賞」も受賞している。ミステリアスな雰囲気の七草とりりしい少女・真辺が奇妙な島・階段島で出会う……というストーリー。

写真を見る全 12 枚
Twitterでシェア

イケメン 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る