検索
全国ツアーの意気込みを語った「BOYS AND MEN」のメンバー
1 / 6

全国ツアーの意気込みを語った「BOYS AND MEN」のメンバー

BOYS AND MEN:全国ツアーに向けて大阪で会見 ライブだけじゃない! メンバー総出演で「新喜劇」も

 東海エリアで絶大な人気を誇る男性10人組ユニット「BOYS AND MEN(ボイメン)」の全国ツアー「BOYS AND MEN ホールツアー2019~ボイメン劇場 令和旗揚げ公演~」の大阪公演に向けて8月10日、関西テレビ(大阪市北区)でメンバーが会見した。

 リーダーの水野勝さんは「ボイメンは『名古屋では知らない人はいない』というのは事実ですが、『名古屋以外では知らない人しかいない』という状況でもあるので(笑い)、知らない方々に会いに行く機会を作ろうと。『旗揚げ』という名が付いてるように、今までやってこなかったことに挑戦するツアーになります」と意気込みを語った。歌やダンスのライブだけでなく、メンバー総出演の「新喜劇」に初挑戦するのが見どころになるという。

 勇翔さんは「新たなボイメンの挑戦と、今までやってきたライブの部分の融合を、楽しく見ていただけたら」、本田剛文さんは「吉本新喜劇はよく見てました。僕は小柄なので、できるなら(池乃めだかの人気キャラ)『保安官のロバート』をやりたい(笑い)」、辻本達規さんは「大阪はやはり(新喜劇の)本場なので、本当は他の街を全部回って、慣れたころに来たかった(笑い)。でも大阪の方に見ていただけるのは光栄です」、田村侑久さんは「むしろ大阪の人に見てもらって、『こうしたらいいよ』って言ってもらって、今後の参考にするのもありですね」などとそれぞれに抱負を語った。

 また大阪公演は、音響の良さで知られる「フェスティバルホール」(大阪市北区)で行う。吉原雅斗さんは「関西の人には憧れのホールだと聞いてるので、やらせてもらえるのはすごくありがたい。そのことをかみしめて、いいステージにしたいです」と話し、平松賢人さんは「僕らは床に汗を染み込ませるほど、たくさん汗をかいて楽しませます」とコメントした。

 さらに全国6都市を巡る全国ツアーに向けて、小林豊さんは「会場ごとに全然違うものになると思うので、一回一回で新たな面を出していきたい。この令和という時代を生き抜いていく、そのスタートを見てほしいです」といい、土田拓海さんは「明るさとか元気とかを、気持ちで届けるのがボイメン。来てくれた人の心に何かが残る、メッセージ性の強いライブにしたいです」と意気込みを語った。最後に、水野さんは「『熱血青春系』みたいなドラマが今あまりないけれど、僕たちは楽曲を通してそういうことを歌う集団。ボイメンを知ってる人も知らない人も、まず一回見に来ていただくのが、一番大事じゃないかと思います」と締めくくった。

 ボイメンの全国ツアーは9月4日に東京でスタートし、大阪公演は9月19日。大阪公演後には名古屋(同23日)、札幌(10月14日)、福岡(同22日)、静岡(11月23日)を巡る。

写真を見る全 6 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る