検索
10月20日スタートの連続ドラマ「グランメゾン東京」の制作発表会見に登場した「Kis-My-Ft2」の玉森裕太さん
1 / 1

10月20日スタートの連続ドラマ「グランメゾン東京」の制作発表会見に登場した「Kis-My-Ft2」の玉森裕太さん

玉森裕太:“先輩”木村拓哉からの“裕太呼び”に「心拍数上がる」

 人気グループ「Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)」の玉森裕太さんが10月16日、東京都内で行われた連続ドラマ「グランメゾン東京」(TBS系、日曜午後9時)の制作発表会見に、主演の木村拓哉さんや共演者らと登場。撮影現場では木村さんから“裕太”と下の名前で呼ばれているという玉森さんは「(木村さんから)裕太って呼ばれるたびに、心拍数が上がっています」と明かしていた。

 同作で本格フレンチの料理シーンに挑戦している玉森さんは「普段、あまり料理をしないので、手慣れている感じや仕草が出るよう、撮影に入る前に料理と向き合った。努力しました」と告白した。

 第1話では、木村さん扮(ふん)するフランス料理のシェフ・尾花夏樹と、玉森さん演じるシェフの平古祥平がウニを下処理するシーンが登場。玉森さんが「とにかく痛かったです。気合しかなかった」と振り返ると、木村さんも「痛かったな!」と撮影の苦労を明かした。また、平古が恋人とイチャイチャするシーンもあり、木村さんから「そういうシーンは、俺にはないぞ」と突っ込まれると、玉森さんは苦笑いを見せていた。

 会見には、玉森さん、木村さんのほか、共演の鈴木京香さん、尾上菊之助さん、及川光博さん、沢村一樹さんも出席した。

 ドラマは、パリにオープンさせた自分の店が二つ星を獲得したものの、己の慢心から招いた重大事件によって、店も仲間も全て失いどん底まで転落した尾花が、女性シェフの早見倫子(鈴木さん)と出会い、東京で世界最高の三つ星レストラン「グランメゾン東京」を作り上げようと奮闘する姿を描く。10月20日スタートで、初回は25分拡大版。

写真を見る全 1 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る