検索
「第70回NHK紅白歌合戦」のリハーサルに登場し取材に応じた「SixTONES」と「Snow Man」
1 / 3

「第70回NHK紅白歌合戦」のリハーサルに登場し取材に応じた「SixTONES」と「Snow Man」

SixTONES&Snow Man:紅白リハに登場 「新しい時代を作りたい」

 ジャニーズJr.の人気グループ「SixTONES(ストーンズ)」と「Snow Man(スノーマン)」が12月29日、東京・渋谷のNHKホールで行われている「第70回NHK紅白歌合戦」のリハーサルに登場した。

 本番では、今年7月に亡くなったジャニー喜多川さんがプロデュースした舞台で歌われる楽曲「Let’s Go To Earth」と「Let’s Go to Tokyo」を、ジャニーズJr.を率いてパフォーマンス。リハーサルを終え、報道陣の前に姿を見せたSixTONESのジェシーさんは「急きょ、僕たちに(出場が)伝わってきて。出られるんだって。ジャニーさんの思いを伝えたい。どしっと構えたい」と語り、「ジャニーズJr.らしく、派手にバーっと、来年に向かって新しい時代を作るという気持ちで引っ張りたい」と意気込んだ。

 Snow Manの岩本照(いわもと・ひかる)さんは「バックで踊っていた時代と全然景色が違う。ジュニアの最終地点、ステージの前で社長の思いを背負いながら、挑ませてもらうという気持ちと、感謝の気持ちを伝えたい。身が引き締まる思い」と胸中を明かし、「ジャニーさんだったら、『楽しんで』って言ってくれると思う。社長の思いも一緒にやりたいと思う」と語っていた。

 また、今年1年の漢字を聞かれると、SixTONESの田中樹さんは「巡」を挙げ、「春ツアー、12月23日までのツアーなど、ファンに会うことができた。後は、デビュー曲という素晴らしい楽曲と出会えた」と説明。岩本さんは「挑む」と答え、「デビュー曲とかいろいろ。次への挑戦という意味を込めて。グループとしても事務所としても。2020年もこの高まった気持ちのまま、いきたい。あと、漢字が9画。(メンバーの9人と)掛けました。意味がある」と話した。

 2020年1月22日には同時CDデビューを控えており、ジェシーさんは「この2グループでまたジャニーズの新しい時代を作っていき、素晴らしい日本のエンターテインメントの良さを、先輩たちの歩いてきた道を歩きながら、新しい道を作って、『こいつらすごい、誰?』と思ってもらえたらうれしい」とコメント。田中さんは「来年は僕たちのオリジナル曲で紅白に出たい」と意欲を見せていた。

 「第70回NHK紅白歌合戦」は、白組司会を人気グループ「嵐」の櫻井翔さん、紅組司会を女優の綾瀬はるかさんが担当。総合司会は、3年連続となるお笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良さんが同局の和久田麻由子アナウンサーと共に務める。NHK総合ほかで12月31日午後7時15分~同11時45分に放送される(途中ニュースで中断あり)。

写真を見る全 3 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る