検索
映画「ラストレター」の初日舞台あいさつに登場した福山雅治さん
1 / 1

福山雅治:中山美穂の笑顔に「心の美しい人」と感心 「ラストレター」で共演

 歌手で俳優の福山雅治さんが1月17日、東京都内で行われた映画「ラストレター」(岩井俊二監督)の初日舞台あいさつに登場した。同作で中山美穂さんと共演した福山さんは「中山さんは本当に心の美しい人だなと思ったエピソードがある」と撮影を振り返った。

 福山さんは、飲食店街のカラオケのある居酒屋で待機していたときのことを「僕らが撮影していることにお客さんが気づき、中山さんの名曲『You're My Only Shinin' Star』を歌い出して。ご本人がいて、どういう気持ちで歌っているのか、ちょっと分からなかったけど、そうしたら今度は僕の『桜坂』を(歌い始めて)……どういうメッセージなんだと(感じた)」と苦笑いで回顧。「撮影中だったのもあり、ちょっとイライラしちゃったのですが、中山さんは朗らかな笑顔で聴いていらっしゃって、全てを受け止める女神だなと思いました」と感心したことを明かした。

 舞台あいさつには、松たか子さん、広瀬すずさん、森七菜さん、岩井監督も出席。1995年に公開された映画「Love Letter」以来、24年ぶりに岩井監督の映画に中山さんと豊川悦司さんが出演したことについて、岩井監督は「この配役を思いついたときにニヤリとしてしまった。二人とも喜んでくれて、生き生きとやっていただきました」と楽しそうに振り返った。

 映画は、手紙の行き違いがきっかけで始まった二つの世代の男女の恋愛と、それぞれの心の再生と成長を描く。宮城に住む裕里(松さん)は、姉の未咲の葬儀で、未咲の一人娘の鮎美(広瀬さん)から、未咲宛ての高校の同窓会の案内と未咲が鮎美に残した手紙の存在を知らされる。未咲の死を知らせるために裕里が同窓会に行くと、姉と勘違いされてしまう。そこで姉と同学年だった初恋の相手、乙坂鏡史郎(福山さん)と再会し、勘違いから不思議な文通が始まる……というストーリー。

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る