検索
「2020年 エランドール賞」の授賞式に登壇した深田恭子さん(左)と横浜流星さん
1 / 14

「2020年 エランドール賞」の授賞式に登壇した深田恭子さん(左)と横浜流星さん

深田恭子:横浜流星をハグで祝福「また一緒に仕事を」 「はじこい」カップルの再会に大歓声

 俳優の横浜流星さんが、映画やテレビドラマなどで活躍した俳優やプロデューサー、作品を表彰する「2020年 エランドール賞」の新人賞を受賞し、2月6日に東京都内で行われた授賞式に出席した。ステージには、横浜さんがピンクヘアの“ゆりゆり”こと由利匡平を演じ、ブレークのきっかけとなった「初めて恋をした日に読む話」(はじこい、TBS系)で共演した深田恭子さんがプレゼンターとしてサプライズ登場。横浜さんをステージ上でハグし、受賞を祝福すると、会場からは悲鳴のような歓声が上がった。

 深田さんは横浜さんに「流星君、本当におめでとうございます。作品中も役にストイックに入り込む流星君を見ていて、そのあとも役に入り込み過ぎて大丈夫かなと思っていましたが、立派に活躍されていてうれしいです。また一緒に仕事をしたいです」と祝福の言葉を送った。

 横浜さんは「皆さんすごいですね。熱量に圧倒されています」と大歓声に驚きつつ、「歴史ある賞をいただき光栄です」と受賞を喜んだ。授賞式後の会見では「深田さんが来てくれて、そこで『初めて恋をした日に読む話』という作品が愛されているんだって肌で感じられて役者冥利に尽きる。幸せなこと」と喜びをかみしめ、「深田さんに久しぶりに会ったので再会がうれしくて……」と照れ笑いを浮かべた。

 エランドール賞の新人賞はスター性と演技力を兼ね備え、次代の映画やテレビを背負って立つことが期待される俳優に贈られる賞。横浜さんは昨年、「初めて恋をした日に読む話」を皮切りに、「あなたの番です-反撃編-」(日本テレビ系)、「4分間のマリーゴールド」(TBS系)と3作の連ドラに出演。映画には「愛唄 -約束のナクヒト-」「L・DK ひとつ屋根の下、『スキ』がふたつ。」「チア男子!!」「いなくなれ、群青」に出演し、一躍ブレークを果たした。

写真を見る全 14 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る