検索
イベント「北海道白糠町ふるさと納税感謝祭」に登場した冨永愛さん
1 / 11

イベント「北海道白糠町ふるさと納税感謝祭」に登場した冨永愛さん

冨永愛:普段は自炊派「食事はスープやサラダ…」 息子には「好きな料理を」

 モデルの冨永愛さんが2月10日、東京・丸の内のフレンチレストラン「サンス・エ・サヴール」で行われた「北海道白糠(しらぬか)町ふるさと納税感謝祭」に出席した。普段は外食はほとんどしないといい、「自分の食事は基本的にスープやサラダ、肉のソテー。でも、息子には肉じゃがやしょうが焼きなど、子供が好きな料理を作ります」と明かした。

 同町へのふるさと納税の寄付者の中から、抽選で同レストランに招待し、同町の食材をメインで使用したフルコースを振る舞うイベント。昨年10月期の連続ドラマ「グランメゾン東京」(TBS系)での演技も話題になった冨永さんは、劇中に登場したエゾシカ肉が同町から提供されたことについて「知りませんでした。今回のイベントのお話をいただいて、『そういうことだったのか』とうれしかったです」と“シカ肉の縁”にびっくり。

 ドラマでは美食家(フーディー)で雑誌編集者のリンダ・真知子・リシャールを演じ、立ち姿や食事をする姿の美しさも話題になったが、この日は、同町のエゾシカ肉について「先ほど食べさせていただきましたが、柔らかくてジューシーですごくおいしかったです」と絶賛。イベントでは、白糠町で生産されているイクラを試食し、「プチプチしておいしい。さっぱりしていますね」と笑顔を見せていた。

 また、これまで行った場所で印象に残っている食材について聞かれると、「初めて行ったパリで食べたチーズ。それまではあまり好きではなかったのですが、食べさせてもらった時に『こんなにおいしい食べ物だったのか』と知りました」と回答。「パリに行くと必ず『シェーブル・ショー』というチーズを食べます。今では大好物です」と明かしていた。

写真を見る全 11 枚
Twitterでシェア

ファッション 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る