検索
連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」主演の石原さとみさん(C)フジテレビ
1 / 3

連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」主演の石原さとみさん(C)フジテレビ

石原さとみ:お団子ヘアの薬剤師役に 衣装はデザインから携わる「機能的でスタイリッシュ、可愛さも」

 女優の石原さとみさんが、4月スタートの連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系、木曜午後10時)で主演を務める。お団子ヘアがチャームポイントで、キャリア8年目の病院薬剤師・葵みどりを演じる石原さんは「薬剤師の衣装に関してはデザインから一緒に考えさせていただきました」と明かしている。

 デザインについて「機能的でスタイリッシュながらも、どこか可愛さもあり、自然に身にまとうことができています。白衣だと医師や看護師と見分けがつかなくなってしまうのでデザインの違いを意識しました」とコメント。続けて「というのも、私の友人の薬剤師が、『院内で医師と間違われてはいけないので、服装がかぶらないように徹底している』と教えてくれたんです。このドラマを通じて、薬剤師にもユニホームがあることが浸透してくれたらうれしいです」と話している。

 ドラマはマンガ誌「月刊コミックゼノン」で連載中の荒井ママレさん、富野浩充さん(医療原案)の「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」が原作。脚本は連続ドラマ「グランメゾン東京」(TBS系)の黒岩勉さんが手がける。

 石原さんはドラマのオファーを受けて原作を読んだといい、「ドラマで描かれるみどりは原作よりもキャリアを積んでいる設定なので、患者さんに寄り添う温かさや優しさを持つ一方で、冷静な部分も持ち合わせていると思います。患者さんにとっての“最後の砦(とりで)”という自覚をもち、単にがむしゃらなだけではなく、優しさが本当の強さだということが伝わるように演じていきたいです」と意気込んでいる。

 さらに同作を通じて「薬剤師というお仕事をもっと多くの人に知っていただきたい」とし、
「薬剤師として働く方にとって、“明日も頑張ろう”という活力になれたらうれしいです。そして、世の中で働く皆様に“あきらめないこと”、“人を大切にすること”というメッセージが伝わるよう精いっぱい頑張りたいと思います」と話している。

写真を見る全 3 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る