検索
「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」の川村壱馬さんの初フォトエッセー「SINCERE」の通常版表紙ビジュアル
1 / 6

「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」の川村壱馬さんの初フォトエッセー「SINCERE」の通常版表紙ビジュアル

THE RAMPAGE川村壱馬:「人生かけて向き合った」初フォトエッセー集 憧れLAで撮り下ろし、多彩な素顔も

 ダンス&ボーカルユニット「EXILE」の弟分グループ「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」の川村壱馬(かわむら・かずま)さんが、自身初となるフォトエッセー集「SINCERE(シンシア)」(幻冬舎)を6月23日に発売する。上半身裸でベッドに寝そべる寝起き風ショットや、ラフなスタイルで料理をする姿、海辺にたたずみポーズを決めるクールなショットなど、川村さんの多彩な素顔がのぞける一冊となっている。

 同書のタイトルには、何事にもいちずに懸命に取り組む川村さんの姿勢を表す「誠実な、心からの」という意味があり、川村さん憧れのロサンゼルスで撮り下ろされた。これまでグループ活動以外あまり多くを語ってこなかった川村さんが、同書では企画コンセプトから参加。エッセーでは自身の内面も深くさらしているという。

 「EXILE TRIBE」に所属する16人編成のダンス&ボーカルグループ「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」のセンターボーカルを務める川村さんは、1997年1月7日生まれの23歳。映画「HiGH&LOW THE WORST」では、物語のキーパーソンとなる、皆を仕切る番長役の花岡楓士雄を、映画「貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-」では、“ヤンキー王子・弟”こと京極竜を演じて人気を集めた。

 川村さんは同書について「人生かけて向き合って作った作品です。表現者としての幅を伝えられたら……、なのでページをめくっていただくと、あれ?違う人?と間違えるぐらい、何人もの登場人物が存在するような感覚になってもらえると思います」とコメント。

 さらに「イメージにとらわれない、自分のスタイルを感じてもらえればうれしいです。エッセーの部分は、仲のいい友達同士だと、僕はああでこうで、とかまどろっこしい説明をしないですよね。だからこの作品でも、俺こうだから! とズバッと伝えるような距離感で作らせてもらいました」と解説している。

 フォトエッセー集は、通常版と特別版DVD付きの2種類で、いずれもA5判、208ページ(予定)。価格は通常版が2400円(税抜き)、特別版が2600円(同)。特別版DVD付きの書店オリジナル特典は、EXILE TRIBE STATION ONLINE SHOPオリジナルクリアファイル(A4)、ローソンHMV&BOOKSオリジナルカバー、楽天ブックスオリジナルカバー、セブンネットオリジナルポストカードとなっている。

写真を見る全 6枚
Twitterでシェア

本・シネマ 最新記事

Pick Up

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事