検索
連続ドラマ「いいね!光源氏くん」第4話の一場面 (C)NHK
1 / 7

連続ドラマ「いいね!光源氏くん」第4話の一場面 (C)NHK

いいね!光源氏くん:第4話 光源氏が“ちょい不良”風になって沙織と再会 ライバル頭中将も登場

 俳優の千葉雄大さんが、「源氏物語」の光源氏を演じるNHKの連続ドラマ「いいね!光源氏くん」(総合、土曜午後11時半)の第4話が4月25日、放送される。源氏物語で光源氏のライバル的な存在の頭中将(桐山漣さん)が登場する。

 ドラマはマンガ誌「フィール・ヤング」(祥伝社)で連載中の、えすとえむさんの同名マンガが原作。現代に出現した光源氏が伊藤沙莉さん演じる“こじらせ会社員”・沙織の家に居候する……という奇想天外なストーリー。光源氏は感情が高まると、ところ構わず和歌を詠む。

 第4話「第四絵巻『らいばるにご用心?』」では、光源氏(千葉さん)が消えてから意気消沈の日々を送っていた沙織(伊藤さん)が、ある晩、すだれの音で目が覚めると狩衣(かりぎぬ)姿の男の後ろ姿を発見。光が戻ってきてくれたと思い、喜んで抱きつくが、見も知らぬ男(桐山漣さん)だった。話をするうち、男は頭中将(この時は三位中将)だと分かる。沙織は、中将が光源氏の居場所を知っているかもしれないと思い、しばらく中将を家に居候させることにする……というストーリー。

 予告動画には「3人の同居生活!?」というテロップとともに、革ジャン、アロハシャツ、パナマハットのようなファッションでバラを手にした“ちょい不良(わる)”風の光源氏がスーツケースを手にした姿や、沙織が頭中将にキスされそうになってビンタする様子、光と頭中将が上半身裸でベッドで寄り添うような場面が映し出されている。

写真を見る全 7枚

エンタメ 最新記事

アクセス上位記事