検索
ABCテレビ制作のオムニバスドラマ「年下彼氏」の第19・20話の一場面=ABCテレビ提供
1 / 1

ABCテレビ制作のオムニバスドラマ「年下彼氏」の第19・20話の一場面=ABCテレビ提供

年下彼氏:最終回 なにわ男子・道枝駿佑、西畑大吾が兄弟役で主演 バックハグに“床ドン”も

 関西ジャニーズJr.の「なにわ男子」「Aぇ!group(ええ ぐるーぷ)」「Lil(りとる) かんさい」のメンバーら19人が主演を務める、ABCテレビ制作のオムニバスドラマ「年下彼氏」の最終回が6月13日深夜から順次、放送される。“年下彼氏”と“年上彼女”の淡い恋模様を描いた胸キュンラブストーリーで、最終回では、なにわ男子の道枝駿佑さんと西畑大吾さんが兄弟役で主演。2話連続で一人の女性を巡る兄弟の恋が描かれる。

 ドラマは全20話で、1話15分の物語が毎週2話ずつ放送。主題歌は関西ジャニーズJr.の「空言オーケストラ」が採用されている。

 最終回は、第19話と第20話の連作「僕らの初恋物語」で“年上彼女”を女優の川島海荷さんが演じる。舞台は1990年代、とある町の小さな映画館で「王女の初恋物語」という架空の名作映画が、物語のカギを握る。

 第19話は弟役の道枝さんが主演。父から継いだ映画館の閉鎖が決まり、海(西畑さん)と涼(道枝さん)の兄弟が片付けをしていると、東京へ行った年上の幼なじみの由紀美(川島さん)が姿を現す。由紀美は大好きな名作映画のポスターを見つけ、「今もせりふを覚えている」と話す。涼は、3人で一緒に見たときの秘めた恋心を思い出し……と展開する。

 第20話は兄役の西畑さんが主演。涼と同じく海にも、由紀美に打ち明けられなかった思いがあった。それを知る涼は、煮え切らない海を横目に、由紀美のお気に入り映画を探し出し、由紀美を映画館に呼び出す。そして由紀美と涼だけの上映会が始まり、海は……というストーリー。

 予告動画では、道枝さん演じる涼が由紀美に“床ドン”やバックハグをする様子や、涼と由紀美が向かい合っているところに、海が真剣な表情で入ってくるシーンなどが映し出されている。

 最終回の放送はテレビ朝日で6月13日深夜2時半から、ABCテレビで同14日午後11時25分から。メ~テレ、九州朝日放送などで順次、放送される。

写真を見る全 1 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る