検索
「東京ドラマアウォード2020」の授賞式に出席した佐藤健さん
1 / 5

「東京ドラマアウォード2020」の授賞式に出席した佐藤健さん

今週のイケメン:佐藤健が「恋つづ」“胸キュン”シーンの裏側語る 「注目YouTuber」にも選出 妻夫木聡は俳優人生振り返る 前編

 1週間のイケメン有名人の話題を紹介する「今週のイケメン」。今回(10月27日~11月2日)は、俳優の佐藤健さんが「東京ドラマアウォード2020」の授賞式に出席した話題、佐藤さんが女性ファッション誌が選出するエンタメ大賞を受賞した話題、俳優の妻夫木聡さんが女性ファッション誌に登場した話題などが注目された。前後編で取り上げる。

 佐藤さんが今年1月期に放送された連続ドラマ「恋はつづくよどこまでも(恋つづ)」(TBS系)で「東京ドラマアウォード2020」の助演男優賞を受賞し10月29日、東京都内で行われた授賞式に出席した。同作では、佐藤さんが演じた医師・天堂浬(かいり)に“胸キュン”する人が続出するなど話題となり、佐藤さんは「世の女性たちを胸キュンさせるというミッションを課せられたのですが、女心が分かるかというと難しかった。プロデューサーの方たちにシーンごとに(意見を)聞きながら、やらせていただきました」と振り返った。

 また共演した女優の上白石萌音さんについて「彼女を見ていると、自然に魅力的な女性だな、可愛いなと思うことができたので、芝居はやりやすかったです。普段言えないことを芝居を通してやらせていただくという意味で楽しかったです」と話した。

 ドラマは、円城寺マキさんの同名マンガ(小学館)が原作。毒舌ばかり吐く超ドSなドクターで通称「魔王」と呼ばれる医師・天堂と、天堂に素直な思いを伝え続け、くじけず突き進む「勇者」七瀬(上白石さん)の恋模様をユニークに描いて人気を博した。

 「東京ドラマアウォード」は、「世界に見せたい日本のドラマ」をコンセプトに、優れたテレビドラマを表彰する賞。今年で13回目。今回は2019年7月~2020年6月に放送されたドラマが対象。「恋つづ」は助演男優賞のほか、作品賞「連続ドラマ部門」の優秀賞、4人組バンド「Official髭男dism(ヒゲダン)」が歌う主題歌「I LOVE…」が主題歌賞に選ばれ、3冠を達成した。

 佐藤さんが、女性ファッション誌「with(ウィズ)」(講談社)が選出する「2020withOL大賞」のエンタメ大賞「OL的注目YouTuber部門」に選ばれた。「withOL大賞」は、20代後半の“お仕事女子”を中心に、識者を加えた約1000人に行ったアンケートから「働く女子にとってベストな名品」を選出し、表彰する。エンタメ大賞のほか、自分ファースト賞、完売コスメ大賞、エンタメ大賞、ライフスタイル大賞などが、10月28日発売の同誌12月号で発表された。

 佐藤さんのYouTubeチャンネルは今年3月、配信をスタート。連続ドラマ「恋はつづくよどこまでも」で共演した女優の上白石さんが出演したほか、俳優の神木隆之介さん、渡邊圭祐さん、桜田通さんとドライブをする様子などを配信し、人気を博した。

 同誌の読者からは「佐藤さんが猫とたわむれる動画を見て悶絶(もんぜつ)」「春の“恋つづ”ロスから立ち直れた!」といったコメントが寄せられた。11月末には記念のインスタライブを配信する予定。

 12月13日に40歳を迎える妻夫木さんも同号に登場し、俳優人生を振り返った。妻夫木さんはインタビューで40歳を「大人のゼロ歳」と表現。年齢を重ねるなかで変わったことと変わらないもの、演出家の野田秀樹さんに言われた「弱い」という言葉の意味などを語っている。

写真を見る全 5 枚
Twitterでシェア

イケメン 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る