検索
「Act Against Anything VOL.1『THE VARIETY 27』」に出演した佐藤健さん
1 / 10

「Act Against Anything VOL.1『THE VARIETY 27』」に出演した佐藤健さん

今週のイケメン:佐藤健、武道館で“ハンサム楽曲”歌唱 「キュンとした」王道ラブストーリーで主演も 山崎賢人が“トランプツリー”に興奮 前編

 1週間のイケメン有名人の話題を紹介する「今週のイケメン」。今回(12月1~7日)は、俳優の佐藤健さんが所属事務所のイベントに出演した話題、佐藤さんが動画配信サービス「Netflix(ネットフリックス)」のドラマに主演するニュース、俳優の山崎賢人さんがNetflixオリジナルシリーズのイベントに登場した話題などが注目された。前後編で取り上げる。

 佐藤さんが、12月1日に日本武道館(東京都千代田区)で無観客で開催された「Act Against Anything VOL.1『THE VARIETY 27』」に出演。アミューズ所属の若手俳優による「チーム・ハンサム!」のステージに登場し、「チーム・ハンサム!」の楽曲「Feel The Same」などを歌唱した。

 「Act Against Anything」は、俳優の岸谷五朗さんの呼びかけで1993年から始まったチャリティーショー。今回の公演には、岸谷さん、佐藤さんのほか、俳優の寺脇康文さん、神木隆之介さん、城田優さん、小関雄太さん、桜田通さんら総勢53人(バンドメンバーを含む)が出演。神木さん、小関さんは2人で星野源さんの楽曲「SUN」を、城田さんは木村カエラさんの楽曲「Butterfly」をワルツにアレンジして歌い上げた。

 佐藤さんが、Netflixで2022年に全世界同時配信予定のオリジナルドラマ「First Love 初恋」で、女優の満島ひかりさんとダブル主演を務めることが3日、分かった。ドラマは歌手の宇多田ヒカルさんの1999年発表の楽曲「First Love」と2018年発表の曲「初恋」にインスパイアされたオリジナルの王道ラブストーリーで、脚本・監督は寒竹ゆりさんが手がける。

 佐藤さんは作品について「王道なラブストーリーということ以上のディテールが脚本の細部に詰まっていて、二人のやりとりやセリフの一言一言が美しい。すごく引かれましたね」と語り、「僕は、みんな(満島さんが演じる)也英のことを好きになるだろうなって。脚本を読みながら普通にキュンキュンしていたし、特に高校生の二人のやりとりの甘酸っぱさは、映像で見たら、もっと胸キュンしちゃうんだろうなって思います」とコメントしている。

 ドラマは、1990年代後半と2000年代、現在の三つの時代が交錯し、20年余りにわたる忘れられない“初恋”の記憶をたどる一組の男女の物語。佐藤さんは、航空自衛隊のパイロットになるも、現在は別の道を進む、いちずで真っすぐな性格の並木晴道(なみき・はるみち)を演じる。満島さんは、キャビンアテンダントを目指すも不慮の事故で運命に翻弄(ほんろう)される野口也英(のぐち・やえ)役で出演する。佐藤さん、満島さんはともにNetflix作品初出演。

 山崎さんは7日、東京・渋谷の「MIYASHITA PARK」で行われた、Netflixオリジナルシリーズ「今際(いまわ)の国のアリス」のプレミアイベントに登場した。同作は10日から世界190カ国で同時配信。配信を間近に控え、女優の土屋太鳳さんとダブル主演を務めた山崎さんは「最高の作品ができたと思う」と自信をのぞかせ、「海外ドラマを自分が楽しんでいたように、面白い作品には国境がないと思うので、皆さんに愛される作品になればと思います」と語った。

 イベントでは、同所初となるクリスマスツリー点灯式も実施。今作のカギを握る“トランプ”をモチーフにしたクリスマスツリーに、山崎さんと土屋さんがスイッチを押して点灯させると、山崎さんは「トランプがつられているクリスマスツリーなんて初めて見たので……最高ですね」と興奮気味に語っていた。

 「今際の国のアリス」は、麻生羽呂(はろ)さんの人気マンガが原作。廃虚と化した渋谷を舞台に、山崎さん演じるアリスたちが、一歩誤れば命を奪われる「げぇむ」に挑むサバイバルサスペンス。土屋さんは「げぇむ」の会場でアリスと出会う、ヒロインで驚異の身体能力を持つウサギを演じる。

 ※山崎賢人さんの「崎」は「たつさき」

写真を見る全 10 枚
Twitterでシェア

イケメン 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る