検索
「ダースの日」を記念して開催されたSNSライブ配信イベント「EAT WITH EVERYONE」に出演した横浜流星さん
1 / 17

「ダースの日」を記念して開催されたSNSライブ配信イベント「EAT WITH EVERYONE」に出演した横浜流星さん

横浜流星:2020年は「いろいろなことを考えられた年」 一人時間には「壁の一点を見ています」

 俳優の横浜流星さんが12月12日、森永製菓のチョコレート「ダース」のSNSライブ配信イベント「EAT WITH EVERYONE」に出演。「ダース」のイメージキャラクターを務めている横浜さんは、2020年について「身の周りの環境がすごく変わって、いろいろなことを考えられた年でした」と感慨深げに振り返った。
 
 この日のイベントは、12月12日の「ダースの日」を記念して開催。横浜さんは、SNSで募集したファンからの質問にもリアルタイムで回答し、クリスマスイブの予定について聞かれると「残念ながら仕事です。イルミネーション見に行きたいですけどね~!」と話し、「1日役者を休んで他の仕事をできるとしたらどんな仕事をしたい?」という質問には「父が大工なので、大工をやってみたいです。一軒家を建てたい。でもあんまりセンス無いんで、不思議な独特なものができてしまいそうです」とコメントした。

 さらに「一人時間の過ごし方」については「つまんないんですけど、台本を読んだり、ドラマ、映画を見たりしています」と話し、「考えごとがあるときは、壁の一点を見ています。朝から夕方になっているときもあります、食事もとらずに。瞑想(めいそう)みたいな感じです」と明かした。また「筋トレ」がリフレッシュ方法になっているとも語った。

 イベントの最後に横浜さんは、来年に向けて「2021年も皆さんに楽しんでいただけるような年にしたいし、役者として皆さんの心を動かす作品を作っていきたいです」と前向きに語った。

写真を見る全 17 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る