検索
映画「花束みたいな恋をした」の公開直前イベントに出席した菅田将暉さん(左)と有村架純さん
1 / 8

映画「花束みたいな恋をした」の公開直前イベントに出席した菅田将暉さん(左)と有村架純さん

菅田将暉:5年前の自分は「評判悪い」 有村架純が「忙しすぎたんだね」とやさしくフォロー

 俳優の菅田将暉さんと女優の有村架純さんが1月26日、東京都内で行われた、ダブル主演する映画「花束みたいな恋をした」(土井裕泰監督、29日公開)の公開直前イベントに登場した。2人は同作が、2016年公開の映画「何者」以来の共演。有村さんが5年前を振り返り、「当時共演させてもらったときは(お互い)全然しゃべらなくて。しゃべりかけづらいわけではなかったんですけど……」と明かすと、菅田さんは「当時、話しかけづらかったんだろうね。その時期の評判悪いもん、俺。よく言われるから」と過去の自分への評判を淡々と説明。有村さんは思わず笑いながらも「忙しすぎたんだね、きっと」とやさしくフォローしていた。
 
 イベントでは映画のタイトルにちなんで、それぞれが「今までにあった花束みたいな出来事、またはこれから経験したい花束みたいな出来事」を披露する企画も実施した。菅田さんは「花束みたいな打ち上げがしたい」と回答。「作品を作ると最後は、みんなで打ち上げをして笑い合って終わるけど、(今は)撮影以外で人と会う機会がないから、終わった感じもなければ次に進む感じもしない。すっごいさみしいんですよ」と胸の内を吐露。有村さんも「分かる……」と共感していた。

 同じ企画で有村さんは「花束みたいな出会いがしたい」と回答し、「ときめきみたいなものに出会い続けていたいな、という思い。作品だったり、好きな物だったり、人だったり……。そういうきらびやかな、自分の中で輝く瞬間的な何か(に出会いたい)」と説明。また、MCから撮影で「花束みたいな恋をしたい」という思いはあったかと聞かれると、「ありましたね」と肯定し、「恋人がいなかったら普通に歩いている道も、恋人と歩いていると『こんなに違うんだ』という発見ができる。『花束みたいな恋をした』って、そういう連続(の作品)だと思うので、まぶしいって思います」とほほ笑んでいた。

 映画は、連続ドラマ「東京ラブストーリー」「最高の離婚」「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(いずれもフジテレビ系)などの坂元裕二さんが脚本を書き下ろしたオリジナルの恋愛作品。東京・京王線の明大前駅で終電を逃したことから偶然出会った大学生の麦と絹は、好きな音楽や映画がほとんど同じで、あっという間に恋に落ちる。2人は大学を卒業してフリーターをしながら同棲を始め、現状維持を目標に就職活動を続けるが……というストーリー。イベントには土井監督も出席した。

写真を見る全 8 枚
Twitterでシェア

本・シネマ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る