検索
ディーン・フジオカさん
1 / 1

ディーン・フジオカさん

ディーン・フジオカ:「時を超えた不思議な縁」 大河初出演で再び“五代様”に

 俳優のディーン・フジオカさんが、2月14日からスタートする吉沢亮さん主演のNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」に出演する。ディーン・フジオカさんは大河ドラマ初出演で、2015年のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「あさが来た」と同じ実業家・五代才助(友厚)を再び演じる。

 五代は主人公・渋沢栄一と同時代を駆け抜けた人物。「あさが来た」では、波瑠さんが演じた主人公・あさを支えたキーパーソンで、出演当時は視聴者に“五代様”と親しまれ、人気が急上昇。劇中で志半ばに早逝すると、「五代ロス」と呼ばれる社会現象まで起きるなど、アジアで人気俳優の地位を確立していたディーン・フジオカさんが、日本で注目を集めるきっかけとなった。

 ディーン・フジオカさんは「大河ドラマに初めて出演させていただけることをとても光栄に思います。そして、連続テレビ小説『あさが来た』の時と同じ五代友厚役を再び演じる機会をいただいたことを心からうれしく思うと共に、時を超えた不思議な縁を感じております」とコメント。

 「日本の近代史において『西の五代』が『東の渋沢』とどう関わり、大阪経済復興に身を捧(ささ)げたのか。その力強い生き様や、成し遂げた偉業について、視聴者の皆様と共に更なる理解を深めていけるよう『五代さん』を全身全霊で演じます」と意気込んでいる。

 「青天を衝け」は、緻密な計算と人への誠意を武器に、近代日本のあるべき姿を追い続けた渋沢栄一の生きざまを描く。NHK総合で毎週日曜午後8時ほか。

写真を見る全 1 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る