検索
ジェーン・スーさん(C)「生きるとか死ぬとか父親とか」製作委員会
1 / 4

ジェーン・スーさん(C)「生きるとか死ぬとか父親とか」製作委員会

ジェーン・スー:「ジェーン・スーを美しく修正すると吉田羊になる」と言われた過去 エッセーが吉田羊主演でドラマ化

 ラジオパーソナリティーでコラムニストのジェーン・スーさんが、自身と父についてつづったエッセーを原作にした、テレビ東京の連続ドラマ「生きるとか死ぬとか父親とか」(金曜深夜0時12分)が4月9日に放送をスタートする。スーさんがモデルの主人公・蒲原トキコを、女優の吉田羊さんが演じる。スーさんは「まさか吉田羊さんにジェーン・スーを演じていただけるとは。『ジェーン・スーを美しく修正すると吉田羊さんになる』と友人から言われたことがあり、恐縮ながらうれしい気持ちでいっぱいです」と心境を明かしている。

 「生きるとか死ぬとか父親とか」は、娘の父への愛憎と家族の表裏を描いた物語。俳優の國村隼さんが、トキコのたった一人の肉親で父の蒲原哲也を演じる。吉田さんと國村さんのダブル主演作となる。

 20年前に母を亡くした、独身で勝ち気な40代半ばの蒲原トキコ(吉田さん)は、破天荒な70代の父と、絶縁寸前の時期を経て、今では時々、外食して話をする関係に。父についてのエッセーを連載することになり、ネタ集めのため、父に会う度にいろいろな家族の思い出を聞く。しかしそれは楽しい記憶ばかりではなく、母との出会い、全財産の喪失、そして他の女性の影も……というストーリー。トキコがパーソナリティーを務めるラジオ番組の「お悩み相談のコーナー」も登場する。

 スーさんは今回のドラマ化を「父と私の、ごく私的な日常が映像になるなんて! 父にとっても私にとっても、身に余る光栄です」と喜び、「ドラマ化にあたり、創作していただいたフィクション部分も大変気に入っています。國村隼さんに父を演じていただけること、天国の母も喜んでいると思います」とコメント。「大人になり、親との関係の紡ぎなおしを考え始めたみなさんに楽しんでいただけたら光栄です」と話している。

写真を見る全 4 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る