検索
連続ドラマ「ネメシス」に出演する南野陽子さん=日本テレビ提供
1 / 1

連続ドラマ「ネメシス」に出演する南野陽子さん=日本テレビ提供

南野陽子:髪色チェンジで「怪しくいろいろやってみたい」 美しきコンフィデンスマン役で「ネメシス」出演

 女優の南野陽子さんが、放送中の連続ドラマ「ネメシス」(日本テレビ系、日曜午後10時半)に出演することが分かった。南野さんは、元すご腕の詐欺師で、現在はマジシャンという異色な経歴を持つ、美しきコンフィデンスマン・緋邑晶(ひむら・あきら)を演じる。南野さんは、「私の役は年齢不詳な詐欺師、マジシャンということで怪しくいろいろとやってみたいなと思い、おばあさんに変装するシーンもあると聞いたので髪色をチェンジしました」と役作りについて明かした。

 アンナ(広瀬すずさん)の父・美神始(仲村トオルさん)失踪の謎と20年前に闇に葬られた“事件”の真相に近づいていき、黒幕まであと一歩まで迫った「チームネメシス」が力を借りる、風真尚希(櫻井翔さん)のかつての師匠という役どころ。

 南野さんは、今回の出演に「探偵モノのドラマに出演したことはありますが、調べられたり、怪しまれる役ばかりでした(笑い)」とコメント。髪を染めたのは衣装合わせより前で「当日、怒られるんじゃないかとドキドキしながら行ったら意外と皆さんノってくれたので安心しました」と明かし、「マジックを実際にするシーンもあり、カードや角砂糖、花札を使ったものが出てくるんですけど私はあまり器用な方ではないので、おうちでとりあえず100回は練習しようと気合を入れましたね」と語っている。

 ドラマは、「探偵事務所ネメシス」のポンコツ探偵・風真と、天才すぎる助手・アンナの凸凹バディーが、コミカルなやり取りで難解な謎を解く様子を描く。1話完結で毎話、アンナと風真をサポートする助っ人が登場する。映画「22年目の告白 ‐私が殺人犯です‐」などの入江悠さんが総監督を務め、脚本は入江さんと映画「きいろいゾウ」などの脚本家・片岡翔さんが手がけたオリジナル。各話のトリックは「屍人荘の殺人」の今村昌弘さんや「今からあなたを脅迫します」の藤石波矢さんといった、気鋭の小説家が監修している。

写真を見る全 1 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る