検索
「ゴジラvsコング」の初日舞台あいさつに登壇した小栗旬さん
1 / 7

「ゴジラvsコング」の初日舞台あいさつに登壇した小栗旬さん

今週のイケメン:小栗旬、ハリウッド映画で「ほぼ白目」 King & Prince平野紫耀、黒髪姿で体育教師に 後編

 1週間のイケメン有名人の話題を紹介する「今週のイケメン」。今回(6月29日~7月5日)は、俳優の小栗旬さんが映画の舞台あいさつに出席した話題、人気グループ「King & Prince」の平野紫耀さんがチャリティー番組「24時間テレビ44」のスペシャルドラマで主演を務める話題などが注目された。前後編で取り上げる。

 小栗さんは7月2日、東京都内で実施されたハリウッド映画「ゴジラvsコング」(アダム・ウィンガード監督)の初日舞台あいさつに出席。劇中に白目をむくシーンがあるといい、「『こればっかり使われるんだろうな』と撮影中に感じた」と明かした。

 映画は、2年前の3月にオーストラリアのリゾート地で撮影し、昨年1月にロサンゼルスで追加撮影が行われた。

 白目をむくシーンについて「テイクをものすごく重ねた。監督から『キングギドラの頭を使ってメカとリンクしていく』と聞いた。『どんどん肉体的にシンクロすることを表現してほしい』と言われた。いろんなことをやっていくうちに、あそこ(白目)にたどり着いた。アダム(監督)から『旬、これだ! これだよ!』と言われた」と経緯を明かした。「『意識を持っていかれる』という話だから、それなら白目なのかな、と思った。そうしたらああなった。ほぼ全編、白目で登場する。(アダムは)ものすごく喜んでいた」と振り返っていた。

 映画は、ハリウッド版「ゴジラ」シリーズと「キングコング:髑髏島の巨神」がクロスオーバーする「モンスター・ヴァース」シリーズの第4弾。モンスター同士の戦いによって壊滅的な被害を受けた地球を舞台に、ゴジラへの対抗措置として、コングを髑髏島(スカルアイランド)から連れ出すことで始まるゴジラ対コングの戦いを描く。小栗さんは、ハリウッド版『ゴジラ』シリーズ前2作に登場した芹沢猪四郎博士(渡辺謙さん)の息子役を演じた。

 平野さんが、日本テレビ系のチャリティー番組「24時間テレビ44 想い~世界は、きっと変わる。」(8月21、22日)のスペシャルドラマ「生徒が人生をやり直せる学校」(21日午後9時ごろ)で、主演を務めることが7月3日、分かった。“底辺校”と呼ばれる高校に勤める新卒の体育教師・樹山蒼一を演じる平野さんは、銀髪だった髪を黒く染め、教師役に初挑戦。「教師役ということで銀髪から黒髪にしました。僕は役以外で黒髪にすることがあまりないので、黒髪にして気持ちも引き締まりました」と話している。

 また教師役を演じるにあたり、中学時代の担任教師に電話をしたといい、「その先生は、演じる樹山ととても似ている部分があり、生徒のためと思ったら何でもするような熱い先生。僕が学生のときに先生がしっかりと向き合ってくれたから今の僕があると感じています。その僕自身の経験とその先生の熱意を参考に樹山先生を演じられたらと思います」と語っている。

 ドラマは、黒川祥子さんのルポルタージュ「県立! 再チャレンジ高校 生徒が人生をやり直せる学校」(講談社)が原作。“底辺校”と呼ばれる県立槙尾高校を舞台に、現代の格差社会で生徒たちが抱えるさまざまな問題に寄り添い、奮闘する教師たちを描く。

写真を見る全 7 枚
Twitterでシェア

イケメン 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る