検索

三宅健:42歳、“奇跡のおじさん”が私生活明かす V6メンバーへの思いも 着物姿で「徹子の部屋」初出演

 人気グループ「V6」の三宅健さんが、8月25日に放送される黒柳徹子さんの長寿トーク番組「徹子の部屋」(テレビ朝日系、月~金曜午後1時)に出演する。番組初出演の三宅さんは、着物姿で登場。意外な私生活を明かすほか、26年活動し、今年11月で解散する「V6」のメンバーへの思いやこれからの目標も語る。

 16歳でデビューした三宅さんは現在42歳で、その若々しさから「奇跡のおじさん」と呼ばれている。普段の移動には電車やバスを利用しており、趣味はサボテンを育てることで、そのサボテンにはある名前をつけていると明かす。

 また、日本の伝統文化にも興味があり、10代の頃から国技館に相撲を見に行っているという。きっかけは、親しくしているタレントの所ジョージさんの「ハマグリを食べる会」だったと話す。

 三宅さんの特技は「手話」。始めたきっかけは、握手会で出会った一人のろう者のファンで、手話で話し掛けられたのに何もできなかったことから、区の手話講習会に自ら申し込み、3年間勉強したという。

 さらに番組では、三宅さんの16歳当時の姿が収められた「V6」のお宝映像も公開される。

Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事