検索
12月3日放送の「徹子の部屋」に出演する奥田瑛二さん(左)と安藤桃子さん=テレビ朝日提供
1 / 3

12月3日放送の「徹子の部屋」に出演する奥田瑛二さん(左)と安藤桃子さん=テレビ朝日提供

奥田瑛二:“稀代の色男”も今は孫2人にデレデレ、孫とたわむれる姿も初公開 長女・安藤桃子と親子で「徹子の部屋」初登場 

 俳優の奥田瑛二さんと、その長女で映画監督の安藤桃子さんが、12月3日に放送される黒柳徹子さんの長寿トーク番組「徹子の部屋」(テレビ朝日系、月~金曜午後1時)に出演する。

 親子での同番組出演は初めての2人。かつては“稀代の色男”として名をはせた奥田さんだが、現在は長女の桃子さん、次女の安藤サクラさん姉妹にできた2人の孫にデレデレだといい、桃子さん撮影の「奥田さんが孫とたわむれる映像」を初公開。硬派なイメージの奥田さんの“じいじ”への変貌ぶりに、黒柳さんも驚く。

 一方、桃子さんが幼少期の頃の“父”としての奥田さんは、怒るとテーブルはひっくり返すし、女性関係も娘にオープンに話すという奔放ぶりだったという。また、千利休を演じるときはふんどしで1年間生活、任侠映画に出るときはヤクザのようになるなど、まさに波乱の家庭模様だったと明かす。

 そんな奥田さんも近年は孫の誕生もあって、妻の安藤和津さんへ自分の非を詫びたり、「素直に幸せを感じられるようになった」と語る。さらに「98歳まで生きる」という目標に、コロナによる空白の3年間を足して「101歳まで枯れずにいる!」と宣言する。

写真を見る全 3枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事