検索
「第33回日本ジュエリーベストドレッサー賞」の表彰式に出席した北村匠海さん
1 / 11

「第33回日本ジュエリーベストドレッサー賞」の表彰式に出席した北村匠海さん

北村匠海:ジュエリーのように「誰かの明日を照らしたり、日々を彩っていけたら」

 俳優の北村匠海さんが、最もジュエリーが似合う著名人に贈られる「第33回日本ジュエリーベストドレッサー賞」の男性部門に選ばれ、1月13日、東京都内で開催された表彰式に出席した。表彰式後の会見で「心を動かす仕事をしているので、ジュエリーに負けないよう、誰かの明日を照らしたり、日々をそっと彩るような表現を発信できたらと思っています」と思いを語った。

 北村さんは「ファッションも好きですし、ビンテージのアクセサリーを高校生ぐらいから好んで着けていました。自分の好きな物を着けて過ごしていると、日々背中を押されたり、きらびやかな日常になったのを覚えています」と振り返る。「我々アーティストや役者がやっている職業というのにも当てはまると思っていて、今こういう世の中で勇気を与えたり、背中を押したり。いろんなものを届けていけたらと思います」と力強く語っていた。

 同賞はジュエリーが似合う著名人を世代別に表彰するもので、今回で33回目の開催。10代部門は芦田愛菜さん、20代部門は広瀬アリスさん、30代部門は佐々木希さん、40代部門はアンミカさん、50代部門は真矢ミキさん、60代以上の部門は宮崎美子さんが受賞。東京五輪の卓球混合ダブルス金メダリストの水谷隼さんが特別賞に選出された。

写真を見る全 11 枚
Twitterでシェア

ファッション 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る