検索
映画「流浪の月」の初日舞台あいさつに出席した多部未華子さん
1 / 10

映画「流浪の月」の初日舞台あいさつに出席した多部未華子さん

多部未華子:体重減量の松坂桃李は「ぞっとするくらい細くて…」 “俳優魂”に感服

 女優の多部未華子さんが5月13日、東京都内で行われた映画「流浪(るろう)の月」の初日舞台あいさつに共演者らと出席した。多部さんは同作で松坂桃李さん演じる佐伯文に寄り添う看護師の谷あゆみを演じた。同作のために体重を減量した松坂さんについて聞かれると、多部さんは「ウエストがぞっとするくらい細くて、その日に至るまでいろんな思いでここに立っていると感じた」と松坂さんの“俳優魂”に感服した様子だった。

 李相日監督から「桃李に触って」とリクエストがあったといい、「撮影の合間にずっと触らせていただいた。(細くて)触りながら邪魔できないと感じましたね。常にそう思わせてくれる人柄と体形でした」と振り返った。

 「流浪の月」は、2020年の本屋大賞を受賞した凪良ゆうさんの同名小説(東京創元社)が原作。10歳のときに誘拐事件の被害女児とされた女性・家内更紗(広瀬すずさん)と、加害者とされた青年・佐伯文が秘密を抱えたまま、15年後に再会するというストーリー。

 初日舞台あいさつには、広瀬さん、松坂さん、横浜流星さん、内田也哉子さん、李監督も参加。また子役の増田光桜(みお)さんがサプライズで登場し、広瀬さんと松坂さんに花束を手渡した。

 子役の増田さんは、2019年に放送されたNHK連続テレビ小説「なつぞら」で、広瀬さん演じるヒロインの娘役だった。映画の撮影で“母娘再会”となった広瀬さんは「こんなにまたすぐに共演できてものすごくうれしい。勝手にお母さんの気持ちは離れず、感動して泣きそうだった」と大喜びだった。

写真を見る全 10枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事