検索
主演映画「線は、僕を描く」の完成報告会&完成披露試写会に出席した横浜流星さん
1 / 32

主演映画「線は、僕を描く」の完成報告会&完成披露試写会に出席した横浜流星さん

横浜流星:ナルシシズムを楽しんでいる? 三浦友和が偏見を明かし“謝罪”「すばらしい俳優で、男」

 俳優の横浜流星さんが9月27日、東京都内で開催された、主演映画「線は、僕を描く」(小泉徳宏監督、10月21日公開)の完成報告会&完成披露試写会に三浦友和さんら共演者と出席した。横浜さん演じる大学生が、水墨画の世界に魅力されていく物語。三浦さんは主演が横浜さんだと聞いた際を「正直、ちょっと違うんじゃないの?と思った。都会的な感じがするのと、二枚目すぎる。それと……ナルシシズムを楽しんでいる印象があった(笑い)」と言い、「本人に会って、それが偏見だと気づいた」と明かした。

 「撮影現場に、コンビニの小さい袋で来る。台本とか携帯とか入れて。毎日のようにそれで来る。『バッグ、ないの?』と思った(笑い)。(聞くと)『(バッグは)これなんです』と言う。本当に偏見を持っていて失礼した。すばらしい俳優であり、男であるなと思った」と“謝罪”されると、横浜さんは「その偏見を覆せてよかったです」と笑みをこぼした。

 イベントには清原果耶さん、江口洋介さん、細田佳央太さん、小泉監督も出席。江口さんは、横浜さんの印象を聞かれると「常に炭酸飲料を飲んでいる。ダイエットとかいろいろと言われている中で……あれは(カロリーオフなどではなく)ストレートだよね?」と質問。横浜さんが「ストレートです」と答えると、江口さんは「けっこう大きいボトルでガーッといってる。おれたちが中学、高校でやっていたことを今も再現している。けっこう生きがいい」と感心している様子だった。

 横浜さんと共演経験がある清原さんは、「数年ぶりにご一緒したんですけど、たくさんの経験を積まれて、あの頃より背中が何倍も大きく見えました」と信頼感を口にした。

 横浜さんは今回の撮影にあたって約1年、水墨画に取り組んだという。「墨と水と筆と紙だけでこんなに美しい絵が広がることに、まず感銘を受けた。実際にやってみて、自然や自分と向き合えることができるので、すごく大事な時間でした。水墨画を通して、自分も大事なことに気づけた。本当に幸せな時間でした」と振り返った。

 映画は、砥上裕將(とがみ・ひろまさ)さんの同名小説が原作。悲しい過去を背負った大学生の青山霜介(横浜さん)が、水墨画の巨匠・篠田湖山(三浦さん)に声をかけられ、水墨画の世界に魅力されていく。清原さんはヒロインで湖山の孫・篠田千瑛を、江口さんは湖山の一番弟子・西濱湖峰を演じた。

写真を見る全 32枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

Pick Up

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事