検索

吉高由里子:まひろ、“道長”柄本佑との“思い出の場所”を訪ねると NHK大河「光る君へ」第18回

 俳優の吉高由里子さんがまひろ(のちの紫式部)役で主演するNHK大河ドラマ「光る君へ」の第18回「岐路」が、5月5日午後8時からNHK総合で放送される。

 第18回は、道隆(井浦新さん)の死後、一条天皇(塩野瑛久さん)が次の関白にと命じたのは道兼(玉置玲央さん)だった。道兼は民のためによい政(まつりごと)をと奮起していたが、関白就任の日に倒れ、7日後にこの世を去る。

 その頃、為時(岸谷五朗さん)の屋敷にききょう(=清少納言、ファーストサマーウイカさん)がまひろ(吉高さん)を訪ねてくる。次の関白は伊周(三浦翔平さん)か道長(柄本佑さん)かで内裏では話が持ち切りだと聞かされる。夜、まひろが道長との“思い出の場所”を訪ねると……と展開する。

 「光る君へ」は63作目の大河ドラマ。平安時代中期の貴族社会が舞台で、世界最古の女性による小説といわれる「源氏物語」を書き上げた紫式部(まひろ)が主人公。脚本を、2006年の「功名が辻」以来、2度目の大河ドラマ執筆となる大石静さんが手掛け、きらびやかな平安貴族の世界と、懸命に生きて書いて愛した女性の一生を映し出す。

エンタメ 最新記事

アクセス上位記事