検索

いま、推されてます

吉高由里子:まひろと道長が再会 「元カノ元カレにバッタリ」「会話すらなくて切なかった」の声 NHK大河「光る君へ」第18回

 俳優の吉高由里子さんが、まひろ(のちの紫式部)役で主演するNHK大河ドラマ「光る君へ」の第18回「岐路」が5月5日に放送された。同回では、過去に結ばれたものの、今は“離ればなれ”になっている吉高さん演じるまひろと、柄本佑さん演じる道長が、2人が結ばれた“廃邸”で再会する場面があり、話題になった。

 以前、道長と結ばれながらも、「誰よりも愛しい道長様がこの国を変えていく姿を、私は死ぬまで見つめ続けます」と別れを選択したまひろ。道長はまひろの言葉を胸に政権の中枢に立った。

 思い出の場所で再会した2人は言葉を交わさず、お互い見つめ合ったあと、まひろは心の中で「昔の己に会いにきたのね。でも、今語る言葉は何もない」とつぶやき、道長の横を通り過ぎた。

 この展開にSNSでは、「元カノ元カレにバッタリ思い出の場所で会って、気まず……って感じかしら」「元カノ元カレ、お互い忘れられないけどお互い過去」「会話すらなくて切なかったけど2人の気持ちは不思議と通じ合ってる気がした」「切ない!」「もう愛とか恋とかの域を超えてますね」などの声が続々と上がった。

エンタメ 最新記事

アクセス上位記事