毎日キレイ

  1. HOME
  2. イケメン
  3. 記事
イケメン

稲垣吾郎:手塚治虫マンガ実写化で“新しい挑戦” 「今じゃなければ演じられない…」

映画「ばるぼら」の製作発表会見に登場した稲垣吾郎さん

映画「ばるぼら」の製作発表会見に登場した稲垣吾郎さん

 稲垣吾郎さんが20日、東京都内で行われた、故・手塚治虫のマンガが原作の映画「ばるぼら」(手塚眞監督)の製作発表会見に女優の二階堂ふみさんと登場した。同作で異常性欲に悩む売れっ子耽美派小説家・美倉洋介役で二階堂さんとダブル主演する稲垣さんは、「手塚作品で育ってきたようなものなので光栄なことと思います」と喜び、「自分にとってまた新しい挑戦だなと思いました。今のこのタイミングじゃなければ演じられない役なのかなと思ったし、すごく感慨深いものがありました。愛がむき出しになった僕をみなさんに楽しんでいただけるんじゃないかと思います」と心境を語った。

 原作の「ばるぼら」は1970年代末に手塚治虫が描いた大人向けマンガで、禁断の愛やミステリー、芸術とエロス、スキャンダル、オカルティズムなどさまざまなタブーに挑んだ作品。手塚治虫生誕90周年を記念して初映像化される。原作の時代設定は70年代だが、映画は現代が舞台となる。稲垣さんが美倉役、二階堂さんが自堕落な性格のフーテン女・ばるぼら役を演じる。日本、独、英の3カ国共同製作で、2019年に公開予定。

 稲垣さんは二階堂さんとの共演は初といい、「初めて二階堂さんをスクリーンで見たときには衝撃が走りましたし、いつかご一緒させていただきたいなと思っていた女優さんだったので、今回はいい体験だったなと思います」とコメント。続けて「二階堂さんならではの“ばるぼら”を演じてくださって。存在しているようで存在していないような、夢だったのかなと思わせてくれるような、『もうばるぼらに会えなくなっちゃうのかな』と、撮影が終わると寂しくなってしまうような……。夢を見ていたような、そんな気がしました。二階堂さんが演技で表現して僕をひっぱってくれたので、感謝しています」と二階堂さんとの共演を語った。

 また、二階堂さんは「稲垣さんは文学を感じる方、というか……初めて難しい本を手に取ったときのような感覚」と稲垣さんを表現。「だから『知りたい』と思うし、でもそこに自分がまだ追いつけていない、自分の大人になりきれていない部分を感じさせるような方で、勉強になることがありました。お芝居を一緒にさせていただいて、自分の中に眠っている“ばるぼら”みたいなものを起こされるような方でした」と共演の感想を明かした。

 会見には手塚監督も出席。手塚監督は稲垣さん、二階堂さんを「手塚マンガがすごく似合う2人」といい、「いつか仕事をしたいと思っていました。せっかく仕事するなら一番合った役がいいなと思っていて、今回の企画を考えたとき、『この2人ならぴったりだな』と思いました。期待通りの2人に出ていただいて、期待以上のことをやっていただいた印象です」と手応えを語っていた。

イケメン 最新記事

岡田健史:好きな博多弁は「何しとうと」 オフは「料理か音楽」

 2018年10月期に放送された連続ドラマ「中学聖日記」(TBS系)に出演し話題となった俳優の岡田健史さんが、7月11日に放送予定...

横浜流星:「ミステリー好き」明かす 注目ポイントは心理戦「犯人はあまり当たらない」

 俳優の横浜流星さんが、6月22日発売の女性誌「JUNON(ジュノン)」(主婦と生活社)8月号に登場した。インタビューでは、30日...

Snow Man:「anan」表紙に初登場 グラビア&インタビューで魅力に迫る

 ジャニーズJr.の人気グループ「Snow Man」が6月26日発売の女性誌「anan(アンアン)」(マガジンハウス)2157号で...

香取慎吾:「血だらけで蹴っ飛ばされて…」 主演映画「凪待ち」の思い出明かす 

 香取慎吾さんが、6月22日発売の女性誌「JUNON(ジュノン)」(主婦と生活社)8月号に登場。主演を務める映画「凪待ち」(白石和...

神尾楓珠:“美しすぎる目力”や腹筋を披露 好みの女性のタイプも明かす

 今年1月期に放送された連続ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系)で注目を集めた俳優の神尾楓珠さんが、発売...

アクセス上位記事